今の仕事が与えてくれる喜び、意義|セミナー「仕事への向き合い方を考える」その4

※セミナー「仕事への向き合い方を考える」その1はこちらです。

次のワークは「あなたにとって『仕事の良い面』『悪い面』はどんなところでしょうか?」です。
先生「あらためてポジティブな面、ネガティブな面を考えてみましょう。これね、さっきネガティブなものばっかり出てきたひとはポジティブなものを考えるチャンスです。で、ポジばっかり出たひとはネガを考えるチャンスです。これはそんなに時間取りません。2分ほどね」

わ、短いなとアセります。私はネガティブが多かったのでがんばってポジティブイメージを考えてみました。

・仕事の良い面 → 必要に迫られて勉強する、達成感を得られる、認知症の予防になる。

うう、私、55才になったばかりなんです。ひと昔前って55才が定年でしたよね? 悠々自適が許されるはずだったんですよね? なんでこのトシになってこんなセミナー受けてんだろ?

ピピッとタイマーが鳴ると「はい、じゃあ続けて次のワークもやりましょう。今の仕事が与えてくれる喜びは? また、今の仕事をする意義は?を考えてください。主婦のかたは家事育児もお仕事ですよ。では2分ね」と先生。

今の仕事って? いやあ、さすがにポイント稼ぎは仕事じゃないっしょ? 時給50円のポチポチが仕事? それであらためてアフィリエイトすっぺという前提で考えてみました。

・喜び → Webのスキルが少しずつ身につく。
・意義 → 数年後に大きな収入になる可能性がある、自分の強み(一人で作業すること)を活かせる。

働くことが嫌いだと、こういう質問は冷や汗が出てきます。でも、自分で意識してここらへんを膨らませると、たぶん仕事が楽しくなるんでしょうね。

先生「じゃあ、さっきのメンバーでこのふたつについて意見交換してみましょう」とシェアの時間。するとバリバリポジティブだったキャリアウーマンさんが「仕事が不調のときは自分の全人生を否定されたように感じる」とのこと。ヒョエ~っ!ともう一人のひとといっしょにのけぞりました。聞くと「営業成績が悪いと評価も給料も落ちるから」だそうで、はあ、数字が出る仕事ってコワいですね。

キャリアさん「え?みなさん、そういうのないんですか?」
いや、ないない、ポイントはポチすれば最低0.1円必ず増えるよ。決して減らない。
キ「営業でやってもやっても成果が出ないとつらいんです。もう8年やっているんですけどね。ヒドいときは気もちが沈んで動けなくなったりするんです」
うわあ、このひと大丈夫かな? ホントはかなりしんどいから無理にがんばってポジティブさを出しているみたい。先生が言われたように偽性ポジかもしれないですね。

キ「扱っている商品が好きじゃないんです。だから私じゃなくてもいいと思って意義が感じられない。それで今日来ました」
ふうん、まじめなひとだなあ。ただ売るだけに徹することがやりづらいんだな。けれども「私じゃなくてもいい」という思いはよくわかります。自分がOLやっていたときも「結局私ってタダの部品だもんねえ」と感じていましたから。

ふたたび先生のお話。
「仕事が与えてくれる喜び、意義って、これが今日のセミナーでひとつのカギになるものです。今の仕事のなかにどのくらいやりがいとか喜びとか意義とかを感じられるか? 意義は意味でもいいです」

「それで、意味って『意味づけ』ができるんですよね。これはある程度理論的な能力が必要なんですけど、ま、これをホントにやろうとすると、自分をもっともっと知る必要があります。自分のキャラとか考えかたとかっていうのと、仕事っていうのを関連付けるわけなんです。
だから、ヒトと比べてどうのこうのじゃないんですよね。自分自身が今の仕事にどんな意味や意義を持っているのか?なんです」

「たとえば、もともとヒトの役に立つのが好きっていうかたは、自分の仕事がだれの役に立っているのか?ということにフォーカスすることが意味づけになります。あるいは、自分は自由に創作活動することが好きなんだってヒトは、創作しているときの『自由に好きにやる』というスタンスといまの仕事の要素とをくっつけることが意味づけになります。だからヒトと比べてもまったく意味ないしむしろ逆効果なんです」

「だから、仕事について考察するときって、自分を知らないとむずかしいんです。自分の特徴をね。さっき言った、仕事が嫌いで嫌いなりにやってる場合、そこに何かいい意味が入るとけっこうポジティブな考えかたでいけるようになったりします。それにライフワークから見れば、その今の仕事が適職としてレベルアップすれば、ライフワークもその分もっとよくなっていきますよ」

 

と、ここまでお聞きして、いやあ「自分を知る」なんだよね、結局……とため息をつきました。それができていないからグラグラしているんですよね。それなしでやっているから、いくら考えてもピントはずれで浅いんだなあ。

さっき自分で考えたつもりの「喜び、意義」も全然ダメです。そんなのじゃダメダメ……とついうっかり「そんな自分はダメだ教」にどっぷり。

※セミナー「仕事への向き合い方を考える」その1はこちらです。