ピアノレッスン第5回|この惑星の住人になりたいと自分が望んだワケなんだけど

ピアノのレッスンってば、毎週あると思っていなかった。そもそもどのぐらいの間隔で受けるのか?ってことも知らなかった。

毎週やるもんなんだね。そりゃま、音大受験するんだったらそうなんだろーね。
と、いまだに他人事のように受験を考えているアホなんだが、それでもレッスンまえはいっつも大騒ぎだ。

トランコロンがよく効いて、もう過敏性腸症候群のことをすっかり忘れていたんだけど、今朝になってちょっとヤバい。
とりあえずあわててトランコロンを飲んでみたが、クルマで出発してから15分ぐらいでまた催して、コンビニのトイレにこもる。

マジ、ヤベーじゃん! 今日紙オムツも尿パッドも持ってきてへん! どーすんだ、要介護のババアなのに!
しょうがないんでコンビニで探すけど、さすがにオムツは売ってなくて、むかし懐かしい生理用ナプキンを買った。ミョーな見栄を張ってるみたいですっごく恥ずかしかった。

でも、これで安心。(←妹よ、コレ、ヒカシューであったよな?)
とりあえずシモの大惨事(高速のとちゅうとか、レッスンの最中とか)は回避できるぜ。

雨の高速道路はすっごくイヤだったけど、あれ? でもちょっと慣れてきたかね?
ピアノよりもクルマの運転に慣れるほうが早いってのが残念だけど、たしかにちょっとはスピードを出せるようになってきた。
ツェルニーもこげな具合にシャーッとスピード出せたらええのに、そうはいかんわ。

で、縦列駐車はまた1回失敗、2回目でようやくおさまる。
なんとか、ああそうか、ここらへんからバックしたらええんかってわかってきたけど、次に来たらまた忘れるからね。
お願いだから、道路のそこんとこに白線とか引いておいてくだせえ。

レッスンは、非常にまじめにのぞんでいるつもりである。
なんでもそうだけど、個人指導って怖いなあ。
ちょうど個人カウンセリングといっしょ。意識レベルのやりとりよりも、もっと深い潜在意識レベルでの応酬のほうがバンバン来るからすごく怖い。

とくに、ピアノは弾いただけでぜんぶ丸わかりで、良くも悪くもすべてお見通しで大パニックだわさ。
けれども、まさにこういうレッスンを受けたかったわけで、なんかもう、いつお迎えが来てもいいくらいの心地になってしまう。

ハノン3番は、イメージによる弾き分け、合格。
つぎの課題は11番だが、また新しい練習方法を教えていただいた。はああ、ハノンってこんなふうに使うんだねえ!と感服。

ツェルニー30番の15番、合格。
これでいちおうアルペジオの基礎を勉強したことになる。

でも、ツェルニー30番の10番はぜんぜん弾けなくて、なんか保留になった。
10番の練習は、また後日いつかということで、つぎの課題は11番になる。ふうん、弾けるようになるまでずっとやるんじゃないんだ。

インベンション2番とベートーベンソナタ20番は、もちろんまだまだ次週まで練習。
しかし、インベンション2番なんかは次には合格しないといけないような雰囲気。たぶん、インベンション1曲は2週間で仕上げるのがスタンダード?

はあ、なんかすげえ惑星に来ちまったなあ……

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。