ピアノレッスン第13回|突然オトナになった気分、てかババアがいまからオトナになるって?

引っ越してから、はじめてレッスンへ行く。
ウチから先生ご自宅までの距離は、どういうわけか引っ越し前と同じで、片道約70kmだ。

旧居からは、グルッと時計回りで70km。そのうち高速区間は50km。
新居からは、反時計回りで70km。そのうち高速区間は61km。

ものすごくうれしいのは、新居からの高速はぜんぶ片側2~3車線っちゅーこと!
旧居からの高速は1車線の対面通行だったから、いやあもう、やっぱし90km/hぐらいは出さないとズラーッと大名行列になっちまう。

なぜに世の中の大半のヒトは、あんなに猛スピードで走って怖くねーんだろ?
ワシは怖くて怖くて、それもトシ取ってから、運転にますます自信がなくなって、対面通行の高速は制限速度の70キロで走りたいんだけどねえ。

で、これまでずっと対面通行でキモ冷やしてたけど、バンザイ! 今日からいっちゃん左車線をのんびり80キロで走れるよぉ~
運転もピアノもヘタクソだけど、どっちも「ゆっくり」なら大好き。

しまった、クルマのハナシを延々書きたくなっちまったが、肝心のレッスン、さすがになにひとつ合格しなかった。
やっぱりね、練習が足りないとこういう結果になる。

ぜんぶ不合格でうれしいのは、動画作らんでエエこと。なんて抜かしてたらあかんやろっ?!

超低速ベートーベンソナタ1番1楽章、そんだけ遅いにもかかわらず「ムダな動きが多い」とのご指摘。
う~ん、やっぱ撮影して確認して練習せんと。

なんだけど、ベートーベンソナタを1回弾いたあと、先生が「では、ペダル付けてみましょうか?」

ひえ~~~っ!!! ワシ、ペダルの存在って忘れてたわっ!
足で踏むのは、一生アクセルとブレーキだけやと思てたわっ!

そういえば、40年ぐらいまえはペダル踏んでたような気がするけど忘れ果ててる。

先生が何度もお手本を演奏してくれるけど、いやいや、むずかしすぎ。
「どこでペダルを使うか」、「打鍵と同時に踏む」、「打鍵より一瞬あとに踏む」、「離すタイミング」、これぜんぶ、とりあえず自分で考えないといけない。

弾くだけでもぱっつんぱっつんなのに、そこへペダルが加わるなんてっ!
当ったり前だけど、ぜんぜんウマく踏めなくてエラいことになった。

けど、ペダル使ってよろしいっちゅーと、なんかちょっとオトナになったような気がした。
あれあれ? ってことは、大むかしコドモのころ、そんなふうに思ったことがあったのかねえ?

57のババアが「オトナになれてうれしい」って感じるのもミョーだけど、なんかすごくうれしかった。
なので、帰ってからもさっそくペダルの練習してみたけど、はあ、おもくそむずかしい。失敗ばっかり。

でも、すっごく安心なことがひとつだけある。
ピアノのペダルなんて、どんだけ踏みそこなってもさ、べつにコンビニ突っ込んだりせえへんから、まあ、それだけは安心やんけ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。