ピアノレッスン第40回|先生に笑われると楽しい?!

2月1日に受けたカウンセリングの効果がめざましく、スキあらばモリモリガツガツ練習してる。自分ひとりじゃぜんぜんわからなかったけど、はあ、これまでずっと「ブレーキ」かけてたんだよねえ。なので、ピアノ全般に対してまだ距離感があった。

けれども、カウンセリングでそれが一挙に取り払われて相当自由になった。しかし、まだまだ。もっとピアノに近寄りたい。もっと溶け込みたい。という思いもあって、来月からはじまる「カウンセラー養成講座」もすっごく楽しみ。

だが、昨日の時点では練習不足のままレッスンでござんした。



▼ハノン3番/ニ長調で → 2週間でやっと合格。

次回は「4番をイ長調で」という課題なのだが、そろそろヤバいっスねえ。だいたいどこが折り返し地点なのかわからなくなる。

▼ハノン/ロ長調音階 → 合格。
そもそも音階を弾けるようにしておかないと、移調して弾くのがあかんわけで。う~ん。

▼ツェルニー30番の19番 → こっぴどく不合格。数小節弾いて「ダメです」。シマシマの音符をちゃんと弾けてなかったから。

▼バッハ:シンフォニア第15番 → また不合格。

▼ここらへん(26小節目以降)、だいぶん練習したのに崩壊した。先生に「ふふんっ♪」って笑われた。っんとにもう、シマシマ困るわっ!

ひさびさに笑われてうれしかった。

そういえば、公開カウンセリングのときも、ワシが地雷踏んで「ぎゃあぁぁっ!」ってなってるとき、カウンセラー先生がちょっとおもしろそうな表情を浮かべてた。そしたら、なんかホッとして楽しくなったんだよねえ。

なかなかね、教えてもらっているときに「笑われる」って、緊張がとけて少し余裕が出てくる。



▼ハイドン/ソナチネ第13番第1楽章 → またまたまた不合格。(また=1週間)

シンフォニアもソナチネも、テンポを上げるようにというご指示。
うむ~、このごろちょっと指の痛みがやわらいでいる。なんかそういうのもおわかりのようで、これからは「速く弾く」ってのも目標になるのだろうか?

てか、それがいっちゃん難題だよね。
しかし!やってみようじゃないかっ!

シンフォニア15番、例の笑われたトコ、昨日100回練習投入したらソコだけ暗譜もできちゃって、うん、今日も楽譜見ないでまあまあ弾けた。この「まあまあ」を全体に広げていったらええんやけど、え?ぜんぶとりあえず100回?!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。