「現実の世界」が遠のく

なにもできなくなった。かろうじてパートは行ったけど、ウチに帰るとフトンに倒れ込んで寝てしまった。寝ていても悪夢に襲われる。目的地がわからない電車に乗り込んで最後は海に突入したり、ワケのわからない粘液に全身つつまれたり、化け物が群がってきてどこかへ運ばれたり。

おかしい。個人セッションのあとから猛烈な疲れと眠気に悩まされている。

セッションやセミナーのあとには、疲れや眠気が起こるとよく聞いていたし、私自身も経験してきたことなのだが、今回は異様に疲れすぎている。それはきっと「無意識の領域」で変容が生じているからなのだろう。



私は、ずっと以前からスピリチュアル系の話が苦手だった。霊がどうのこうのという話はまったく信じていなかった。しかし、一昨日大塚あやこさんのセッションで「故人5人の想念を背負っている」と言われて参ってしまった。結果的には、その想いを消失するセラピーをしていただいたが、それでもあまりに「深い」ところに潜りすぎてしまった。

なので、いま私は現実に関わることに関心がなくなってしまった。この世とあの世の区別があいまいでぼーっと漂っている。そしてそういう気もちでいることがいまは一番落ち着ける。しばらく隠遁していたい気分だ。

これからどうすればいいのかわからない。でもピアノだけは弾いている。「音」には慰められる。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。