ピアノレッスン第68回|ショパンワルツOp.69-1、ケチョンケチョン

先週火曜日もレッスンは可能だったけど、あのー、私は「ビリーフリセット・リーダーズ講座」2日間+個人セッション1日間というスケジュール込みで、週一のレッスンをこなす余裕がゼロっ!だったので、先週はレッスンをお休みさせていただいた。

上記3日間のうち2日間、夜はピアノスタジオで2時間練習するとか、それなりに努力しているつもりなのだが、いやいや、まだ甘いんだよね。ウチに帰ってからダラダラしまくりで、ほんとはもっと練習できるはず。

ちなみに大都会は超便利っすねえ。東京も神奈川も「駅⇆講座会場⇆スタジオ⇆ホテル⇆駅」はぜんぶ徒歩数分圏内なので、移動に時間取られることがない。コンビニって探すモンじゃないんだね。顔を上げればつねにソコにあるって感じ。ピアノを練習するところもどこにでもある。なんにも困らない。困ってるのは、やる気が出ないことだけだ。

なので、ドタマがわちゃわちゃしているとか言い訳かましてるけど、この2週間は 平均1時間29分/日という練習時間だった。あうぅ……


▼ハノン4番/「9」の変奏で → やっと合格。1小節がおかしかったけど、もう一度弾いてOKしてもらう。

▼ハノン/ホ長調アルペジオ → 合格。

アルペジオを弾くまえに、同じ調のスケールも暗譜で弾く。スケール弾いている最中、最後のカデンツだいじょうぶかなあ?とハラハラする。たまたまなんとか着地できたが、スケール本体がちょっと崩れてきた。

「もういちど基本に立ち戻って」と、さいしょの構えからまた教えていただく。フォームの崩れはそのまま音に影響する。修正してもらったあとにやっと合格。


▼ツェルニー40番の4番 → またまた不合格。
これ、1ヵ月以上やってるけど、練習不足でね。ほんとたぶんそれだけ。明日からがんばる。

▼バッハ:フランス組曲第5番 ブレ → 合格。
2回目のレッスンで合格しとります。
なんでっ?! そりゃ毎日部分練習10~20回、通し20~30回やってるから。指使い総記入も功を奏した。
なんでバッハだけっ?! そりゃ好きだから(はぁと)。ツェルニーもモーツァルトもショパンも愛さないといけないが、私は二股とか三股が苦手なタイプらしい。


▼モーツァルト:ソナタK283 ト長調第1楽章 → だから不合格。
いやあ、モーツァルトも好きなんだけどね。詰めが甘い甘い。

▼ショパン:ワルツ Op.69-1 → 撃沈。不合格。
ものすっっっごく微に入り細を穿ってご指導いただく。はあふう。
その内容に照らして、昨日YouTubeにアップした録音聞いてみたら、少なくとも29ヵ所修正せなあかんと判明した。カウンターで勘定したわ。

あのさあ、「即席粉末ダシ」を「ほんとのダシ」にするだけでもめちゃくそタイヘンだねえ。「料亭のダシ」とかどないなるねん? なんか気が遠くなったけど、いやがんばる。あと、録音したほうがやっぱり勉強になると再認識。

帰りはまた微熱がぶり返した。レッスンのあいだはだいじょうぶだったのにね。ま、知恵熱だね。なんかおもくそ知恵詰め込まれて発熱。早く寝よ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。