結婚相手の「目標」を決めてみた|意外とシンプルじゃん

ここしばらく婚活ネタばかり書いているけど、じっさいにやっていることといえば、バッハ:フランス組曲第6番アルマンドを偏執狂的に弾きたおしているだけなのだ。

先週火曜日レッスンから帰ってすぐに指使いをぜんぶ書き込んで、水曜日より左手の暗譜をはじめて、木曜日ぐらいからえっちらおっちら両手、どんどんおもしろくなって、片手だろーが両手だろーが、部分練習だろーが通しだろーが、なにやっても楽しすぎて脳ミソが沸騰状態。

基本的に「4小節単位」で5~10回練習するのだが、何回弾いてもまたすぐ弾きたくなって、際限なくおかわりが欲しくなり、どうかすると50回ぐらいおんなじとこばかり弾いてる。もはや練習ではなくて、やってもやっても「またあの響きを聴きたい」から、ただもうその欲望ばかりつのって弾いてしまう。


バッハはすべての小節がすばらしいのだが、とくにねえ、どうして▼最後のところがこーんなにみごとに堂々とあざやかに大団円を迎えるんだろう?!
ここ毎日100回弾きたい。でもたぶん100回弾いても足りないと思う。

けれど、そもそも練習時間が限られているし、大問題なのは、発表会用のモーツァルトソナタK283とショパンワルツOp.69-1が後回しになって、いやあ、どーしよっ?! まずこの2曲を仕上げないといけないとアタマでわかっているのに、なにをどうがんばってもいつの間にかバッハを弾いている。

発表会は来年1月17日だから、ほんといまから全力注がないといけないのに、いっつもバッハにかまけてしまう。モーツァルトもショパンも好きなんだけど、バッハにくらべるとねえ。


おかしい。なんでこんなにバッハが好きなんだろう? バッハのなにが好きなんだろう?

まだピアノを再開するまえも「バッハ:ロ短調ミサ曲」を歌えるからっつーて、いきなり市民合唱団入ったんだよね。まるっきり歌なんて歌ったことないのに。でもさ、2ヵ月でやめた。「オンチですよ」って言われてさ、なんか行きづらくなって、そのうち北海道80日間車中泊放浪に出ちまってトンヅラこいてもうたわ。

でも、ピアノはまだイケるわ。インベンションもシンフォニアも終わった。フランス組曲も2曲目だし、たぶんその先にはあの輝かしい平均律が待っている。

なんだけど、バッハと並行して婚活もやらんとあかん。婚活は人生はじめてのことだし、また合唱みたいにコケるかもしれん。いや、「オンチ」と言われようとも粘り強くがんばらないと婚活は成功しないだろう。勝手になんとかなるのはピアノでバッハだけだ。


さて、昨日のブログ記事をFacebook(「ビリーフリセット・リーダーズ講座」グループ)にあげたら、ヴァイオリニストのYさんが婚活関連の情報を教えてくれた。

だが、その婚活話のつぎの話に、私はヨダレが出そうになったよ。
Yさん「私も最近、バッハ祭りです。無伴奏パルティータに取り組みはじめました。バッハ、いいね~。魂に触れてくる感じがする」

でしょ~っ?! でしょでしょ~っ?! うぎゃーっ! あたいも無伴奏パルティータ大好きだよぉーっ!ってひとりで雄たけびを上げてしまった。
Yさんの無伴奏パルティータ、聴きてぇ~~~っ!
はあはあ、ダメだ、重症のバッハ病だ。予後不良。


んで思ったんだけど、バッハより魅力的な男性っておるんかねえ?
きっとモーツァルトやショパンよりええ男はいると思う。だいじょうぶ。
でも、バッハに勝てるかなあ?

しかし、べつになにも制限しなくていいんだよね。
じゃあ、そうだな、バッハより好きになれるひとと結婚したいなあ。よし、そういう基準で選定することにしよう。

〔目標〕 バッハより魅力的な男性と結婚する。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。


タイトルとURLをコピーしました