ピアノレッスン第75回|いま「命がけ」でやるべきこと

◆練習時間 :1週間単位での変化
1時間57分/日→1時間40分/日→1時間06分/日→1時間30分/日→2時間16分/日

すっげーっ! めっちゃ増えたやん!
しかし、その中身が問題だ。あらかたバッハ:フランス組曲第6番アルマンドなんだよねえ。

発表会用のモーツァルトソナタK283とショパンワルツOp.69-1がかなりうすーい練習になっちゃった。モーツァルトは9月29日から課題になっていて、ショパンなんか9月1日からやっている。おぼろげに暗譜しているし、どっちの曲もめたくそな難所はない。

年に一度ちゃんと舞台を用意してもらえて、だからこそ、ていねいに磨きをかけないといけないのにねえ。


▼ハノン7番/「3」の変奏で → 2回弾いてから合格。
1拍目がこういうリズムだとむずかしい。むずかしいなって思うと手のカタチがヘンになる。すなおに降ろせばいいのに、なんかひとひねり入れたがる。ハノン弾いていてもまだすなおさが足りないよ。もっとしぜんに。

▼ハノン/嬰ト短調アルペジオ → 合格。

これが合格したので、アルペジオは残りふたつになった。で、いつもアルペジオを弾く前には、同じ調のスケールを暗譜で弾くことになっている。


アルペジオがひと通り終わったら、またハ長調スケールからずっと練習するとのこと。スケールはこれからもずっとやるのだ。ずっとやっておかないと、定期試験のときに……というようなお話におよんで、なんか顔面蒼白でございます。

いや、スケールがあかんのはもちろんだが、いろいろべつな意味で追い詰められる。す、すいません、申し訳ありません、さようならっ!って逃げたくなる。

まあべつに、この世の中のひとはだれひとり「てめえは素寒貧のくせに、なに言うとんじゃい?!」って責めているわけじゃないのにね。でも謝りたくなる。

けどね、大塚あやこさんは「だいじょうぶよ、これこれの方法でいけるわよ」と言われるし、ええと、何年か前に根本裕幸さんは「世間はやさしいんだよ。春子さんが思っているよりずっとやさしい」と、心の世界にお住まいの方々はなにひとつ問題にされていない。


そもそもピアノの先生は、お金の心配などちっともされていない。ソレとコレは連動していない。お金ありきでもなく、年齢もまったく関係なく、ふつうに進学(ふつうにすごくむずかしいけど)できることを前提にレッスンしてくださる。

とはいえ、いろんな方が私を信頼してくださるからこそ、お金の算段をしないといけないのだが、そこらへんはまたおいおい書いていく予定。

▼ツェルニー40番の5番 → 不合格。
前回に教えていただいたことは反映できていたものの、やっぱりテンポが上がらない。そして、タッチがふわふわすぎ。だよね、と自分でもわかっている。そのあたりは指の具合と調整しながらちょっとずつなんとかすること。


▼バッハ:フランス組曲第6番アルマンド → お初です。不合格。
いやいや、バッハを一週間でどうこうというのはムリっすねえ。毎日お祭りやってたんだが、先生の前で弾くとボロボロだった。アーティキュレーションを細かく教えていただく。

▼モーツァルト:ソナタK283 ト長調第1楽章 : 発表会の1曲目。
今日はさすがに楽譜を先生にお渡しして暗譜で。なんとか弾けていても、自分では雑だなあと思った。しかし先生は「いま持っている力をうまく活かしていますよ」とのこと。でも「もっとこうであればいい」こともいっぱい。「本来はこれをこうすると演奏が輝く」といった内容をご指導いただく。


▼ショパン:ワルツ Op.69-1 : 発表会の2曲目。
しょっぱな、いきなり左手の一音目が抜けてしまったが、あうっと思いながらも知らん顔してそのまま進んでしまった。このワルツも練習不足でやっぱり行き届かない演奏だった。

ひと通り弾き終わると、先生「さいしょ失敗しましたね。でもそのまま進んで正解です。そうしないといけません。弾き直してはダメですよ」

しかし、そのように言われてはじめて、「人前で演奏することの重み」に気がついた。私がそのまま先に進んだのはけっして聴き手を意識したからではない。ただ単に「ゴマかしたかった」だけだ。「なかったこと」にしたかったのだ。


え? なんだよそれ? なんのためにこの曲長いあいだレッスンしてもらってるの?

「いまいちばん大事なこと」にようやく気がついた。
それは、1月17日の発表会なんだよね、当たり前のことなんだが。

なんかぜんぜんちがうこと考えてないか? おまえは。
そうだよね、その通りだ。

じゃあさ、こんどの発表会は「命がけ」でやるべきなんじゃない?

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。