婚活で会うひとに、いちばんしたくてたまらない質問

とりあえず「いまの人生」は一度限りだから、う~ん、やりたいことはやっとくぞ!と、このトシになってからバタバタしてる。

んで、よしっ! まずは某芸術大学に進学するぞ! なにがなんでも行くぞ! てのがいっちゃんはじめに出てきて、去年の春からピアノのレッスンを44年ぶりに再開して、わはは!楽しいなー、おもしろいなー、バッハ底抜けに良すぎるやんーとか、毎日祭りですな。

ビリーフリセット・リーダーズ講座」に通っていたころ、もうみんなとなんでも言い合える仲になっちゃって、休憩時間だったかな、私ははしゃぎながら「もうさ、毎日弾くのが楽しいし、レッスンおもしろすぎるし、これだけでめちゃくそ楽しいからあと10年ぐらい受験生でええねん~」とか調子こいとった。

みんなは「そうなんだねー、大学行くことの前に、その過程が楽しいんだねー」ってわかってくれて、私「それそれっ!これだけでもう楽しすぎっ!」って炸裂してた。


いや、すんません、10年なんてもってのほか、出来る限り打つ手は打とうと思っているが、けど実感として「いま、すでに楽しすぎ!」で、あんまり楽しいとそんなに「その次は?」ってのが迫ってこないんだよね。

とくに最近はバッハ熱がいやましにまして、ただ単にウチで弾いているだけで超絶しあわせになれる。弾いているだけで完結。以上。

なので、べつに「聴き手」っていらないんだよね。二上山にせっせと登るのといっしょ。ひとりで登って、頂上で感動して、下りてくる。以上。

とはいえ、さいしょに書いたとおり「人生一度」だから、気になることは貪欲にやっておきたい。だから、某芸術大学は行きますぞ! うりゃあ!


あと、もひとつやりたいことが発生した。それは「結婚」である。ふっふっふ。

まあ、考えてみれば大学も結婚も「一度やっておきたいイベント」なんだと思う。ソレやらないでお迎えが来るとつまんねーよー。だから、やる。

結婚も、それに至るまでの過程がおもしろそうだ。婚活サイトとかのぞいてたら、めっちゃおもろなってきたわ。そのひとのこれまでの人生とか、これからどうしたいとか、すっごく興味湧いてきた。

でさ、婚活で会えたひとにぜったいしたい質問があるのだ。趣味とかどーでもええねん。じゃなくて、もっとそのひとの本質がわかりやすいヤツね。


それは「影響を受けたひとはだれですか?」という問いだ。これをぜひ訊きたい。それも時系列にくわしくね。あ、この「影響を受けたひとはだれですか?」という質問は、「ビリーフリセット・リーダーズ講座」のワークの一部だ。ねえ、おもしろかったね。

なぜその質問をしたいのかというと、はい、投影だね。私がそのことに強いこだわりがあるからだ。

「私が影響を受けたひと」をとりあえずざっくり時系列に書いてみる。

●ベートーベン(小学生)、バッハ(中学以降)、神谷美恵子(20-30代)、ピアニストB氏(40代以降)、根本裕幸さん大塚あやこさん、ピアノの先生

最後の3人でようやく「リアルに話ができるひとたち」が出てきたが、52才(2014年)になってからだもんね。それまで現実世界にはだれもいなかった。


上にあげた7名のうち、そのひとの生涯にいちばん関心が強いのはピアノの先生である。めっちゃおこがましくてすいません。でも、あまりにもすばらしすぎて、そうとしか思えない。

でね、「いまの私」があるのは、やっぱりこのひとたちのおかげだなあってつくづく思う。

だから、婚活で会うひとに訊いてみたいんだよ。
「あなたが、これまでの人生で影響を受けたひとはだれですか? 子どものときから順番に教えてください」

これが、いま婚活でいっちゃん楽しみにしていることだ。こういう話をぜひしたい。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。


タイトルとURLをコピーしました