「婚活がうまくいくひと」の特徴とは?

お友だちがいると楽しいねえ。

と、このトシになってようやく気がついたのである。

お友だちというのは、去年受講した「5期ビリーフリセット・リーダーズ講座」でお知り合いになれた受講生さんと認定カウンセラーさんで、いっしょに心の深い学びをしただけに、ほんとどなたともなんでもお話できる仲になれた。

今年は4月開講だ。→「本当の自分」を仕事にする!6期ビリーフリセット・リーダーズ講座
「zoom無料セミナー&説明会」も開催されます。→こうやってビリーフをリセットできる!zoom無料セミナー&説明会

今年の講座はZoomや動画でも参加できるようにしてくださっている。


でもね、私は去年に会場参加してよかったなあとつくづく思うのだ。去年までは、関東の会場参加がほとんどで(一部Zoom対応)、私は大阪から関東へ通ったのだが、直接みなさんにお会いして一期一会の交流を果たせて一生の宝物になったよ。

そして、いま現在もFacebookでつながりを保てている。私はひとりじゃないんだよねえってはじめて思った。みんな、私のお友だちなんだねえ。

その大事なお友だちのひとり、よーへい君が久しぶりにメッセージをくれた。

よーへい君は若くてイケメンである。だのに思慮深いセッションを還暦近いババアにもほどこしてくれるのだ。さあ!よーへい君のnote「『何のために生きてるかわからない』の向こう側」をのぞいてみたまへ! 個人セッション(Zoomも)2時間3,000円ってケタまちごうてへんか?!


で、そのよーへい君がこう書いてきた。

春子ちゃん、久しぶり~
友達に「ビリーフリセットってどういう人が受けてるの?」って言われて色々話してる中で、春子の日記紹介したらめっちゃ刺さってたよ。笑
友達曰く「春子はもう頑張らなくていい!もっと頼っていいし甘えていいし、金持ってる男見つけて結婚して欲しい!!」って熱く語ってた。笑

えーっ?! そ、そうなんっ?!
てか! そうやった、婚活忘れ果ててたわっ!
ずーっとてんやわんやで、そう、忘れとったわ。

けどさあ、よーへい君のお友だちのことばには複雑な気もちになったよ。あ、でもありがとうね! 見ず知らずのババアを心配してくれて、ほんまありがと!


んで、なにがどう複雑かというと、

〔その1〕 「パートがぜんぜんデキないババアは → 男に養ってもらったほうがいい」ということなんだろうか?

私がふと思ったのは、じゃあ「仕事がぜんぜんデキないおっさん → 女に養ってもらったほうがいい」と思いつくひとはどのぐらいいるかなあ?ってこと。
世の中は急速に変化しているらしいが、「ダメな男は女に頼っていい」という価値観はそんなにないでしょ?

だからというわけでもないが、そうだねえ、いま私は大学進学を撤回してもう学費を工面しなくていいから、すると、自分の生活費ぐらい自分で稼がないとあかんと思ってしまう。


〔その2〕 「春子は → 男に養ってもらったほうがいい」ということなんだろうか?

つまり「ババアだから」ではなく「私という人間」は、男に養ってもらうのが向いているのだろうか?
「ビリーフリセット・リーダーズ講座」を受講しているときにも、盛んにみなさんに「春子ちゃんは結婚したほうがいい。ホレ婚活婚活!」とめちゃくそ言われた。

そう言われたとき、正直うれしかったよ。懇親会のときでも、みんながやさしい笑顔で「それがいいよー」って勧めてくれて、わあ、なんだか家族みたいに思いやってくれるんだなあってすごくうれしかった。

なんですけどね、そのー、具体的に「パートナーとどんなふうに過ごしたいか?」とかのイメージが湧かないのよね。まあ、河川敷でひなたぼっこかなあ? 「道の駅」行くとか? いっしょにごはん食べるとか?


あと、すっごくヤバいのは料理がぜんぜんデキないことだね。かろうじてできるのはゆで卵だけで、それも半年に一度ぐらいかね。ウチ、母ちゃんも料理しなくてさ、あのひと、白いごはんも炊かなくなっちまって、スーパーでごはん買って来てて。そしたら、私はいまパックご飯食べてるもんね。ごはんも炊けないババアだよ。

「家事全般なーんもできねーっす。床可視率10%っす。そんでも養ってくれまっか?」ってしゃーしゃーと開き直ってええんかのう?

よーへい君が、お友だちの言ったことをわざわざ教えてくれたので、久方ぶりにパートナー問題を考えてみたけど、う~ん、あんまり現実的じゃないなあ。

ちなみに「婚活がうまくいくひと」の特徴ってわりとはっきりあるらしい。ネットで見かけた。

それは「食堂で『塩ラーメン』を注文したのに、『味噌ラーメン』が運ばれてきたとき、なにも言わずに味噌ラーメンをおいしく食べられるひと」だという。



これ、すごく的確だよね。

「塩ラーメンを注文したのに!」って怒るひとはうまくいかないらしい。

じゃなくて、「そうか、味噌ラーメンが出てきたのはきっとなにか意味があるかも。ならば、今日は味噌ラーメンを味わってみよう」と淡々と思えるひとは、てか、そんなん思うの、カウンセラーかよっ?!みたいだけど、「自分の思うとおりにならなくてもOKだよー」ってなんでも考えられたらパートナーとうまくいくんだって。

つまり、どれほど許容範囲が広いか?
それは、元をただすと、自分自身が自分に対してどれほど許容範囲が広いか?ということだ。

なので、私は当面婚活に着手できそうもないが、「味噌ラーメン、上等! それはなにかの計らいだ」という方向はめざしたいのである、とりあえず。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。