超ヤバい会社へ履歴書送付

ツリっぽいタイトルですんません。でも、私にとっては胃がカユくなるほどヤバい会社(A社)なのだ。まず、その会社の分野がヤバい。私がとても好きな分野だ。で、その会社はB社とC社との合弁会社なのだが、そのB社がまた超ヤバい。私は以前からB社が超絶好きなのだ。

だいたいそのA社さあ、前から知っているんだよね。あるマイナーなホニャララをやっていて、私はそれをA社に行ってどうこうしようと思ったこともあるのだ。そのホニャララについては、昔やっていたブログでもブロ友さんとよく話をしていた。

しかも、A社の仕事内容には「フライヤー、POP作成」も含まれている!  POPはあさっての授業で勉強するから大丈夫(笑)、フライヤーもなんとかなるさ。

ああ、これほどまでに好きなモノがてんこ盛りのA社なんだけど、こんなおばはんはあかんかね? 私、もう時給半額でもいいから働きたいっス。

紹介状は昨日ハロワでもらったから、とにかく少しでも早く履歴書等を送りたかった。地元の郵便局に電話で訊いてみると「それなら、朝にD郵便局へ持っていけば、速達でその日の午後には配達できます」とのこと。

それで、今日はふだんより1時間半早くウチを出て、D郵便局をめざす。訓練校から2駅先のE駅から近いそうだ。ネットの案内を見ると「D郵便局はE駅から徒歩10分」とあったが、方向音痴なのでグーグルマップを凝視しながらでも28分もかかった。

速達の受付は2分で完了。ホントに今日の午後に届けてくれるそうだ。スゲえなあ。帰りは近道を発見。E駅まで17分で戻れる。それでようやく訓練校に向かったが、学校に着いた時点で万歩計は8,000歩を超えていた。いやあ、こんなに歩いたのは何年ぶりだろう?

やるべきことはやってしまったので気分はスッキリ。しかも講義は「色彩の配色」だったので、これがもうおもしろくてたまらない。色彩の授業では、これまでにもたっぷり実習の時間を取ってくれたので、カラーカードの扱いもずいぶん慣れてきた。

色相、明度、彩度にもどんどんなじんできた。やっぱりいい先生のナマの授業を受けるのがいちばんだ。もともと色に興味があったけど、ますます好きになってきたので、帰りの電車でも広告のそばに立って、小さいカラーカードをあてがってどんな色なのか調べたりした。へへ、人目なんか気にしない。

ま、A社に落ちたら超ガッカリだけど、デザインの勉強は続けられるからそれもいいよね。そうそう、ネット回線は復旧した。ネットがないとなんにもできないよ。助かった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。