遺伝の影響|収入は59%、音楽の才能は92%

ワシって、父ちゃんのクローンみたいやなあとむかしから思っていた。あのおっさん、ほとんどしゃべらへんかったんで、ワシがコドモのころはようわからんかったけど、遺品から推測すると、やっぱり山が好き、音楽が好きってのがよくわかった。地形図もぎょうさん出てきた。

結婚するまえは自転車で放浪しとったみたいだ。父ちゃんの持ち物のなかから、大むかしのサイクリング雑誌が出てきた。すぐさま処分対象に放り込むところだったが、なにげなく目次を見たら父ちゃんのなまえがあった。おっさん、自分の旅行記をその雑誌に投稿しとったわ。けっこうな長文や。はは、ワシ、やってることがいっしょすぎて笑える。

さて、遺伝の影響度についての記事を目にした。
数学は87%、IQは66%、収入は59%が遺伝の影響! 驚きの最新研究結果とは|2019.7.26 AERA dot.
意外なことに「才能」という分野で影響が大きかった。「性格」よりもずっとパーセンテージが高い。そして、なかでも「音楽は92%」が遺伝によるものだという。環境の影響なんてたったの8%だけだ。



で、こんな記事も見つけた。
スウェーデンの最新研究で、音楽の才能は練習量よりも遺伝的な要因に左右されると判明

この調査は1000組の一卵性双生児(同じ遺伝子をすべて共有)とほぼ1000組の二卵性双生児(同じ遺伝子は半分だけ共有)を対象に行われたらしい。その結果、

「人間の音楽の才能については遺伝子がほぼ決定的な役割を負っていて、音楽に向いた遺伝子が備わっていない場合には2万時間に及ぶ練習もなんの意味もなさない。」

「一卵性双生児の場合、多くの時間を音楽の練習に費やしてきた者とそうでないもう一人の間で、音楽を聴き分けるなどの能力についてはまるで差がないことが明らかになり、研究者たちを驚かせることになったとか。ある一卵性双生児の場合、二人の間には音楽の修養時間の差が2万時間もあったにもかかわらず、試験に関する能力はまったく同じだったという。」

あんれまあ。
じゃ、ワシなんかがなんぼ練習しても意味ないじゃん。

しかし、だ。「やっぱりそうか!」という気もちもあった。
なぜなら、先日ピアノの発表会のとき、ほかのヒトたちの演奏をコドモからオトナまでずらーっと聴いて、はれ? もしかしてピアノの才能って生まれつきじゃねえの?ってすっごく感じたからだ。

だって、おんなじ先生に習ってるわけでしょ? まあ、みなさんとてもウマいのだけど、でも格段に突出したヒトたちがいて、そーゆーのはねえ、どうも「生まれ持った才能」にしか思えない「なにか」を放っているんだよね。リズム感だったり音色だったり身体能力だったり傑出している。対して、かたや「努力を積み重ねました。こうなりました」っていうヒトたちもどっさりいてはる。すんません、エラそうに。しかしそう感じたのは事実だ。



では、今後ワシが2万時間練習したところで、いやぜったいそんなにできへんけど、でもやったとしてもせいぜい父ちゃん母ちゃん止まりということやね。すると、そもそもアイツらどのぐらい音楽の才能があってん?

父ちゃんは、二十才ごろにラジオでベートーベン「田園交響曲」を聴いて以来、クラシックにのめり込んだらしい。ほぼ毎日レコードをかけていた。母ちゃんはコドモのころから歌が大好きで、蓄音機に合わせて歌っていたという。

ふたりとも、演奏者のちがいにものすごくこだわりがあった。とくにベートーベンのピアノ・ソナタは、ピアニストについてしょっちゅうあーだこーだ言い合っていた。最終的にふたりともが納得したピアニストはケンプだった。ケンプが来日するたびに聴きに行っていた。

ワシが小学3、4年生ぐらいのとき、「古今東西でいっちゃんエラいのがベートーベン、2番めはケンプ」という価値観が確立していた。でも、ワシ自身は演奏者のちがいとかこまかい音の聴き取りができなかった。親に「アップライトとグランドの音、なにがちがうん?」って尋ねたら、即ふたりして「低音がちがうっ!」ってニラまれた。いや、わからんのやけど。

ワシは40才すぎてからピアニストB氏のCDを好きになった。B氏は著作も多くて、そのなかに「自伝的対話録」がある。それ読んだら、ものすっごくたくさん触れられているピアニストがケンプだった。またケンプかよぉ~ってアタマを抱えた。

まあ、そういう具合だったので、じゃあ「親並みの能力」ってことなら、がんばったら「演奏者のちがい」までは聴き分けられるようになるかもしれない。



で、さいしょにリンクはったAERAの記事には「収入は59%遺伝する」とあった。へええ、収入まで影響するんやね。

父ちゃんは定年退職したとき、定期預金50万円しかなかった。18才から60才まで42年間働いとったのに、たったそれだけしか貯金できなかった。母ちゃんといっしょに「アホ丸出しや」言うて大笑いした。ちなみに、父ちゃんが死んだときに残した遺産は約70万円だった。もちろん母ちゃんがぜんぶ受け取った。

ああ、たしかに遺伝しとるわ。ワシも貯金が100万越えたためしがない。遺伝やからしゃーない。でもゼニはともかく、父ちゃん母ちゃんは、演奏者のちがいを聴き分けるということをワシに授けてくれたかもしれない。それは、お金よりもはるかに貴重な遺産やと思てる。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。