再生回数1億5千回以上の動画が、私を変えてくれた?!|これだからYouTubeはやめられない

YouTubeをずるずる見るのをやめたいのにやめられない。しかも、ときたま大当たりがあるので、なんかソレを言い訳についダラダラと。

ここしばらく、アメリカのオーディション番組にハマッてる。

う~ん、どうなんだろ? やっぱりアメリカだからかね?

ちょっと日本じゃ見られないようなモンばかりで、雷バンバン落ちてくるなあ。

再生回数が1,000万回を超えていると、たいていものすごいパフォーマンスを見られる。


▼11才の男の子のエッジーなダンス。これは日本語訳の動画でも1,500万回以上再生。たった2分弱のダンスなのに何十回も見たくなる。

ついダンスばっかり見てるけど、今日は奇術でドギモを抜かれた。
マジシャンというか、イリュージョニストとも言うらしいが、「聖なるリアナ」(The Sacred Riana)というインドネシア人女性。▼画像はリアナのツイッターからお借りしました。

いやあ、このゴスロリっぽいファッションで、ホラーテイストたっぷりのパフォーマンスを繰り広げる。


▼THE SACRED RIANA WINS ASIA’S GOT TALENT 2017 | All Auditions & Performances | Got Talent Global 再生回数1億5千回以上って?! そんなのはじめてだよ。

▼日本語訳を表示したい場合は、YouTubeの設定(歯車のところ)で「字幕」を「日本語」にしてね。



もうね、オリジナリティがスゴすぎて、ああもう、なんでもそうだけど、人って結局「個性」に尽きるなあ、そのひとにしかできないものを与えられていて、それを出すだけなんだなあと、また雷に打たれましてな。

私はマジックはほとんど知らないが、ネットでは、リアナがやっているマジックそのものはそんなに特別スゴいものじゃないらしい。

しかし、その演出がホラーすぎて、しかもこの風貌でしょ。ほぼ無言で、首や手をときたまけいれんさせたり、狂気じみた身振り手振りだったり、魔術とか呪いにしか見えないわけよ。

まだ二十代の美人マジシャンが、どんなふうにマジックやるの?ってったら、リアナは独自にゴシックホラーの世界を作り上げたんだよね。これはまさにリアナにしか演じられない。

いやいや、だれでも一度見たらぜったい忘れられないし、だれかに言いたくなるし、なので私も記事にしてるけど、だから地球のみんなで1億5千回になるんだなあ。「何回でも見たくなるパフォーマンス」ってほんますばらしい。


で、これほどの大観衆のなかで、よくこれだけ演じ切ることができるなあとも感心した。たったひとりでね。あ、ゾンビぞろぞろはともかく。

「たったひとり」って、それはピアノもそうだけど。

それでね、リアナばっかり見てたら、モーツァルトソナタで使えるイメージが湧いてきたのよ。

モーツァルトソナタって、真ん中へん(あ、展開部っていうの?)で、すごくドラマチックになるでしょ? とくにいきなり短調になって、奈落の底に突き落とされるやん?

あれ、めちゃくそ好きで、ついいま天国だったのにあっという間に地獄の一丁目って感じが、デモーニッシュで退廃的で、この悪魔っぽいとこがモーツァルトやなあって思う。


ところが、だ。いつもその「奈落の底へ引きずり込む」ように弾きたくても、いまひとつ具体的なイメージを持てなかったのよ。視覚? 雰囲気? いやもっと強烈ななにかが欲しかった。

そしたらぁ、イケるやん!
ちょうどリアナでぴったしやんっ!!

リアナが睨みつけて、人差し指をグッと突きつけている、そのイメージがめっちゃモーツァルトやんっ!

ということで、いまやってるK332の第3楽章の真ん中、リアナを思い浮かべつつ、いかにホラーチックに背筋が寒くなるように響かすか、いろいろ実験しとります。ええ感じよ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。


タイトルとURLをコピーしました