ブログを書くのがしんどい、というのがホンネ

ここ数日、心理学関連で「ライフワーク」についてあれこれ考えている。ライフワークといっても『仕事』だけではなく、生きかた全体をとらえてのことだ。そして、自分のライフワークはなんだろう? 自分が本当にやりたいことはなんだろう?と考え続けているけど、いや、よくわからんのだ。

ライフワークを見つけるには、まず自分の感情に気づくことが大切らしい。具体的には、まず「好きなものはなにか? 嫌いなものはなにか?」を自分の感情にすなおになって見つめ直すこと。そのときに、アタマで考えるのを止めて、ただ感情だけにフォーカスすること。

そうしたら、嫌いなもののなかに「ブログを書く」ということが浮かび上がってきた。ま、自分でもウスウスわかっていたけど、ブログを書くのはめんどくさくてしんどいんだ。それでも書いていたのはなぜかというと、「ブログを書く自分を、他人から見て『いいね』と思ってもらえるかもしれない」という期待があったからだ。

要するに他人軸だったというだけのこと。コレがはっきりわかってしまって、いま急速にブログを書く気がなくなってきている。だってね、私の本心は「ブログをやめてラクになりたい」と思っているんだよね。

そういったことすべてが「ありのままの自分」なんだと気がついた。それでどうする? 私のホンネが「ブログをやめたい」んだったら、やっぱりその言い分を大切にしたほうがいいかなと思っている。これまでムリしていたんだよね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。