[動画] ツェルニー30番 – 15番

ちょっとエラそうなんだけど、これまでの人生で、「これぞプロフェッショナル!」と心底叫びたくなるようなヒトって、私にとってはカウンセラーN先生がそうだった。

はじめてN先生のセミナーに出席したとき、そのあまりの迫力というか、そりゃもう先生の存在そのものが、こんなヒトってホントに実在するんだろうか?っちゅうぐらい驚愕して、いや、このヒトのハナシだったら何十時間でも何百時間でも聴いていたいと、ただただそう思ってしまった。

なので、お金と時間が許すかぎり、とにかくN先生のセミナーに飛んで行って、最前列を陣取ってむさぼるように聴き、ICレコーダーにも録音して、ウチに帰ってから文字起こしをするは、もちろん著作はぜんぶ読んで感想文を送りつけるは、と心酔し切っていたわけだ。

で、以前のセミナーで「お片付け問題」がミニテーマとして取り上げられたことがあった。
N先生の得意分野は恋愛や結婚、そしてライフワークなので、ま、「気がつくといつも部屋がグチャグチャ問題」ってのは、ついでの軽めのテーマ。

忙しい女性にありがちな「汚部屋ができちゃう」問題に、さあ、どう対処しましょう?ということなんだけど、N先生の回答はかなり意表をついたモノだった。

その回答というのは「お片付けのプロに頼みましょう。そして、アナタ自身がお片付けを教えてもらい勉強して、アナタこそお片付けの先生をめざしましょう」

ソレを聞いたとき、ものすごくびっくりした。
え? たかがお片付けでしょ? なんでわざわざプロを呼ばんといかんの? そんで、たかがお片付けでなんで自分もプロにならないかんの?

N先生がなぜそんな突拍子もない答えをしたのかは、それにつづく説明である程度わかった。
それは、N先生ご自身が、自分のウチにお片付けのプロのヒトを招いて、家中を片付けてもらった経験があったからだった。

N先生もN先生の奥さんも片付けが苦手で、なにをどうしたらいいのか長年わからないで放置していたそうだ。
ところが一念発起して、お片付けのプロにすべてをやってもらったら、一挙にウチんなかすべて丸々片づいて、まるで別のウチみたいになったらしい。

そして、なんと娘さんと奥さんの性格まで変わってしまったという。ちなみに、N先生の奥さんもカウンセラーをされていて、なんちゅーか、カウンセラー夫婦の家庭が、プロに片づけてもらって家族の性格が変わったというのだからちょっと笑えるっしょ?

そのとき、N先生はまるで感に堪えないかのような表情を浮かべて、しみじみとこう言われた。
「やっぱりね、専門家に教えてもらうと、なんでもそうですね(ココでおもくそ顔をしかめて)、ホントに料理でもなんでもそうですけど、プロに教えてもらうと、(ココでポンと手を打って)ああ、そういう使い方ができるんだ!とか、まあもう、プロはシロウトが知らないことをいっぱい持ってるんですよ」

と、N先生は言われたんだけど、N先生ご自身が過去2万人ほどのヒトにカウンセリングやセミナーをやっている、それこそ正真正銘のプロフェッショナルだけに、そのN先生が「餅は餅屋です」と結論を出されたので、ふうん、そうなんだとそれだけがズッシリ伝わってきた。

とまあ、非常に長い前置きになっちまったが、いま私はN先生にこう言いたい。

「N先生! あの『お片付け問題』のハナシ、本当に本当にその通りでしたぁぁぁ! ワシは長年『たかがピアノ』って思ってずっと独学で『ぜんぜん弾けへん、バイエルしか弾けへん、どうにもならん』と8年半も悩んでましたが、ピアノの先生について習いはじめて1ヵ月とちょっとで、ツェルニー30番の15番が弾けるようになったんです!」

まあね、このぐらいで「弾ける」うちに入らないかもしれないけど、自分にとっては信じられないような進歩だねえ。
しかるべき専門家が文字どおり手取り足取り、まるで映画のコマ送りみたいにじっくり徹底的に仕込んだら、こんなに変わるんだねえ。

そもそも「アルペジオをうつくしくラクに弾くためのラインがある」なんて、生まれてはじめて教えてもらったなあ。

▼ツェルニー30番の15番

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。