雷が落ちてきた|ヤバい祭りのはじまり

ピアノ、ヤバすぎ。

いきなり底抜けちまったよ。

まあでも、過去にいろいろ経験があるので、おう、またヤバくなっちまったと、すっげえよくわかるんだが。

「山」はわかりやすくて、さいしょの稲荷山(いなりやま/233m/京都府)で一撃を食らって以来、寝ても覚めても山のことしか考えられず、目の色変えて数百山登りまくってた。

そう、私は「落雷型」なので、たいてい雷が落ちてくる。だから「アレは何年何月何日の雷にヤラれたのがはじまりだった」としごく明確だ。


心理学セミナーも雷に打たれた。根本裕幸さんのセミナーに行ったのがいっちゃんさいしょだった。もう話聞いているあいだずっと雷落ちまくりで、この世にこんなすごいひとがいて、こんなすごい考えかたがあるなんて?!とのけぞりまくっとった。

中古マンションの売り買いとかクルマの購入も落雷バンバンで、雷が関与するとものすごく早く決まる。ぎゃっ、落ちた!ってわかるから何も考えないで「それ!」と即決になる。

だのに、ピアノにはなかなか雷が降って来なかった。

あ、ピアノの先生を探すときは、ちゃんとネットに落雷があったからOKだったけど、肝心の指に落ちてこない。なんかずっと曇り空ですっきりしなかったんだよね。


練習しているにもかかわらず、どうもたいして上達しない。もう少し手ごたえが欲しいのに、ない。

おかしいな。こんなにもピタッとハマらないのは、どうもヘンだな。もうちっと「密着」したいのにできていないな。

けどまあ、こないだようやく雷が落ちてくれた。ふう。

意外にもツェルニーという雷だったよ。びっくり仰天。バッハじゃなかった。

さぁて、雷が落ちたら「祭り」がはじまる。そういうことになっている。

毎日祭りで、みこしをかついで延々と練り歩くことになる。祭りの最中は祭りのことしか考えられない。行き先なんてわからない。


しかし、雷ってのは「ほんとうの自分」を直撃してくれる。その一撃でもって、対象との距離をゼロにしてくれる。

ああ、ピアノと私のあいだにあった、あの紙がはさまっているかのような違和感が消えたよ。

子どものとき、ピアノをめぐって親といろいろあったことも、すっかりぜんぶなくなった。さらに、いまのピアノの先生も遠くなった。みんな、さようなら。

私はいまひとりでピアノと、いる。

そうなりたかったんだと、やっとわかった。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。