タマシイが喜ぶこと

ちょっと油断すると、毎夜寝る時間がどんどんずれ込んでしまいます。このところ寝るのが2時くらい。なので今朝も目が覚めたのが10時半です。寝坊は気持ちいいんですが、時間をソンしたようでガッカリもします。

しばらくぽけーっとしていたのですが、今日はとてもいいお天気なので、散歩に出かけることにしました。

のんびり歩くのは楽しい。もうそろそろ梅も咲きそうです。こんなに日差しがたっぷりだなんて、ちょっと春を先取りしたようで、あまりにうれしくてへらへら頬がゆるみっぱなし。

よく行くお気に入りの公園までちんたらちんたら。そこのベンチに座ってぼ~っと空を眺めていました。子どもが多くてうるさいのがちょっと残念。そうか、今日は土曜日だったな、と曜日を思い出しました。

先月からポイント稼ぎに熱中していたので、こういう時間を持つのは久しぶりでした。小銭集めもそれはそれでおもしろいんですが、そればっかりもねえ。

54才というトシを考えると、そんなに残りの人生もたっぷりあるわけじゃない。やっぱり「今」がとても大切。「今」、自分がホントウに楽しめることって何かな?とよく考えます。
ちょっと大げさですが「魂のレベル」で楽しいってなんだろう?

澄んだ青空を眺めていると、こうしていること自体がいちばん楽しいなあ……
これだけでいいなあ……とつくづく思いました。

おカネも欲しいし、買いたいものもいっぱいあります。でも、あんまりそれに囚われすぎると、私のタマシイはつまらないみたい。たぶん、日向ぼっこだけで十分なようです。