自分を大切にするということ

知り合いに貸していたお金がちゃんとまるまる返ってきたので、ついうっかりクルマを衝動買いしてしまいました。まあ、もともとクルマは欲しくて、自分のデジタル日記を「クルマ」で検索するとぎょうさんヒットします。ヤレ欲しいだの、ヤレやめるだの、レンタカーでいけるだの、ずっと迷っている自分がおもしろくてニヤニヤ。

そんなに欲しかったんだったら、注文してすぐにいい気分になってよさそうなものですが、コレがそうではなかったんです。最高の気分を100点とすれば、注文したときの気分はせいぜい40点ぐらい。やっぱりお金のことが心配で手放しで喜べなかったんです。

そもそも最初にドカンと現金が減る。それにクルマは持っている限りずっと維持費がかかる。ウチは田舎でも駅にわりあい近いので、クルマがなくてもやっていけます。そうすると、純粋に趣味としてクルマを持つことになるんですが、え? 趣味にそんな大金をかけるってどうなん?

そういうわけでモヤモヤした気分が続いていたんです。とうとうクルマを取りに行くときになっても、そんなにうれしくなくて、まあ用事として取りに行くというのが正直な気もちでした。せっかく思い切って買ったのに、この盛り下がり具合はなんなのさ?

ところがしかし! いま現在の気分は98点です。うむ~、案外モノゴトというのは実際にやってみないとわからないものですね。それに、自分の気もちも予測がつかないものです。なぜこんなに気分が急上昇したのかというと、今日もちょっとドライブしたからなんです。

ウチから10キロほどのところにダム湖があるんですが、うっ、そんなモノがすぐ近くなんて、ホンマどないな田舎やねん? まあ、そのダムまで行ってきたんです。かれこれ20年前からよく知っているお気に入りのダムですが、もうバス便が減ってしまって行くのがむずかしかったんです。実質クルマでないと行けないところなんで、さっそく出かけてみました。

するとね、なんかあまりの心地よさに気分が一挙にウラがえってしまったんです。新緑がまぶしいほどきれいだし、湖を渡る風がバツグンにさわやかだし、ウグイスやらなんやら鳥のさえずりがコダマしているし。うへぇ、こりゃたまらんわ。

遊歩道をぽてぽて歩いたり、ベンチに腰かけて雲をながめたり、クルマのなかでひっくり返ってみたりをしているうちに、ポンと98点になりました。あ、マイナス2点は運転が怖いからです。

でも、このクルマはおもしろいクルマで、下り坂でめちゃくそエンジンブレーキがかかるんです。オートマじゃないからでしょうか? そういうことは全然わからないのですが、なにせ私はスピードが出ないというのが大歓迎なのでとってもうれしくなりました。

そんなこんなでいまはたいへん幸せな気分です。まあ、私って自然のなかにいるときがいちばんうれしいようですね。お金のことはもうちっとも気にならなくなりました。

心理学セミナーでは、どんな問題が起こっていても結局のところ「まず自分を大事にしましょう。自分を愛しましょう」に行きつきます。コレも最初聞いたときは、へ?なんで?ってサッパリわかりませんでした。

だって、相談者さんが「ダンナが浮気して、あげくに離婚を切り出されました! どうしましょう?」ってカウンセラーに泣きついたら、「じゃあ、自分を大切にしましょう。やりたいことをどんどんやりましょう」という回答が返ってくるんですから。

このカラクリが腑に落ちるまで何年もかかりましたが、いまは少しずつ実践できているような気がします。カウンセラー先生「自分のことを『大切なかけがえのないひと』として扱ってください。そんな大切なひとがやりたがっていることを、あなたは禁止していませんか?」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。