「好きなこと」をやり続けている私|遠方の心理学セミナー その12

翌日2017年7月30日は、N先生主催のワークショップに出席。テーマは「豊かさについて」で、イメージワークを盛り込んだ4時間ワークショップだ。これまで私は、2時間までのセミナーしか受けたことがないので、4時間というのははじめて。

そもそも心理学系セミナーというのは、なにかしら自分を変えるために受けるものだ。そんな変化はちっとやそっとでできるものじゃないから、やはり長時間セミナーは効果的なのだ。1dayセミナーといってほぼ丸一日かけるものや、1泊2日とか、なかには1週間泊りがけセミナーもある。でもね、その分高額になるからなかなか踏み切れない。

セミナーにかけるお金というのは、要するに「コミットメント料」みたいなものだと、私は考えている。コミットメント、つまり「自分を変えていく決断を自分に対して固く約束する」ということで、それをサポートするためにお金と時間を提供する。

まあ、1,000円のセミナーと10万円のセミナーでは、当然意気込みが大きくちがってくる。「それだけ本気ですか?」と問われているようなものだ。で、今回の私はどうかと言うと、本気度は大したことなくて、なんだかついでに申し込んでしまったような感じ。

もともとは昨日のコラボセミナーにどうしても行きたかったし、O先生にお会いしたかったわけだし、そうしたら翌日にたまたまN先生が近くの場所でワークショップをするから、ホント「ついで」に参加するという、ユルユルで気合いが入っていなくて情けない。

それでも「豊かさ」というテーマはとても魅力的だ。「幸せ」とは何か?というとかなり漠然としている。しかし「豊かさ」は具体的にイメージできそうだし、また「幸せのうちでも相当重要な要素」だ。その「豊かさ」とは何か?をぜひ学んでみたい。

そんなテーマにふさわしく、昨日からホテルでぶらぶらしていたり、今朝は今朝で朝食バイキングを堪能したり、食べ過ぎておなかがいっぱいにもかかわらず、セミナー会場周辺で小洒落たレストランを見かけてランチを注文したけれど、さすがに食べ切れなくてずいぶん残したり、とハメをはずしまくり。

それでなくても、超絶好きな心理学セミナーを二日連続受講でパラダイスだ。まあ、N先生が「とにかく、好きなことをやりましょう」と年がら年中言っているが、その通り忠実に生きていると、確かにどんどん幸福度はアップしている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。