イラストレーター超初心者向けの「名刺作り」

まだ、先月の日記の続きを書いている。


[2017年8月23日の日記]

今日も、ある専門学校のお試し無料セミナーに参加した。「イラストレーター超初心者向けの『名刺作り』」という講座。「イラストレーター(Illustrator CC)」とは、アドビ社のグラフィックソフトで、私は名まえを知っている程度で、どんなことができるソフトなのかさっぱりわからない。

もうひとつ有名なソフトが「フォトショップ(Photoshop CC)」で、画像編集ソフトらしいがこれも皆目わからない。このふたつのソフトは、Webデザインやグラフィックデザインをやっているひとは、たぶん当たり前のように使いこなせるようだ。

私は昔から、デザイナーとかカメラマンとか絵が描けるひととか、なんかひれ伏したくなるほどスゴいなあと思っている。自分はそっち方面と丸っきり無縁な生活を送ってきたので、そういうクリエイター族ってすっげーなあ、かっこいいなあ、と単純にあがめてしまうのだ。

なので、フォトショップやイラストレーターを使えるヒトも、すっげーなあとただ感心するばかりだったが、一生のうちに一度くらいはそのソフトを触ってみたいと思っていた。

今回、また無料で受講できるというので、ドキドキしながらその学校へ向かった。セミナーはなかなか盛況で15人ほど集まっていた。実際にパソコンでイラストレーターをさわれるようで、名刺を作るためのマニュアルも用意されていた。

さて、講座がはじまったが、ホントのホントに超初心者向けで、名刺の背景になる画像もすでに用意されていて、実際に受講生がやることといったら、名前・住所・電話番号を入力するぐらいだけだった。まあ、あとはフォントや大きさを変えたり、配置や行間を変える程度。

パソコンに慣れているひとだったら、おそらく10分でできてしまうレベルだった。それを1時間半に引きのばして、ていねいに指導してくれた。そうか、スクールで勉強するとこんな感じなのかとよくわかった。

セミナーが終わったあと、参考までにスクールでひと通り勉強するとどんなカリキュラムになるか、個別相談を受けてみた。私が希望するのは、Webデザイン全般とワードプレスなのだが、スクールのスタッフさんは「では、コレとコレと……」と言って4講座ほど選んで、「じゃ、見積りを出してきますね」と出たり入ったり。

差し出された見積表には「合計 336,592円」と打ち出されてあった。これは半年間の受講料なのだが、やっぱり高すぎるよねえ。スタッフさんは「ご印鑑はお持ちですか? 分割払いもできますよ」とにこやかに言うけれど、こりゃあ即決できるモンじゃないでしょ?

私が「少し考えさせてください」と言うと、「できれば、今月末までにお返事くださいね」とスタッフさん。うん、きっとこのスタッフさんの営業成績が月末締めだからだろう。習ってみたい気はするけど、単なる趣味でここまでお金をかけるのはどうかなあ?

それに、ほとんどの講座が「オンラインスタイル」で講座を視聴する自習スタイル。今日のように直接指導してもらえるのはほんの少しだけだ。その「オンラインスタイル」のテキストはどんなものなのか気になって「参考までにテキストを見せてもらえますか?」と訊いたら、「あ、テキストは受講が決まってからの取り寄せなのでここにはありません」

ああ、そんなのも見せてもらえないのはダメなんじゃないかな?と少なからず不信感がアタマをもたげてきたので、あっさり退散することにした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。