心屋仁之助10周年講演会ツアー 「人生を大逆転させるには」

まだ、先月の日記の続き。


[2017年8月26日の日記]

以前から心屋仁之助さんのブログはちょこちょこ読んでいた。講演会全国ツアーは今年が最後らしいので、それならぜひ一度聴いておこうと出掛ける。このかたはテレビにも出演されていてかなり有名らしい。著作もものすごくたくさんある。会場ホールに行って仰天したけれど、1,300人チケット完売とのこと。

ひええ、テレビでメジャーになっているひとってスゴいなあ! このひともカウンセラーだから、言っていることもやっていることも、私がお世話になっているN先生と同じなわけだけど、この集客力には驚くばかり。でも、カウンセラーや心理学が広く知られるのはスゴくいいことで大賛成。

ステージに現われた心屋さんの第一声を聴いて、うわ、めっちゃいい声だなあと感心した。このかたは歌も歌ってCDも出しているので、やっぱりとても魅力的な声だ。それにステージ映えする容姿だなあ。そういえば日本武道館ライブもされたそうで、私はポップスは全然わからないけど、きっとものすごいことなんだろう。

それで、講演はじつに活き活きとして楽しいものだった。まあ、ホント、このかたにしかできないパフォーマンスなわけだが、たとえ話とか、その声音、そのアクションが本当に秀逸! N先生もよく言われるけれど、心理学って「理屈だけではなくて『感覚』が重要」なのだが、その「感覚」がダイレクトにビンビン伝わってくるのがスゴい。

ずっと前に、河合隼雄氏が、ご自分の師匠(外国人)のことを「モノマネや表現が非常に巧みで真に迫っていた」というようなことを書いていたが、なんだかそれをフッと思い出した。心屋さんのブログだけではまったく予想できなかった生の感触がビシビシ伝わってきてスゴい迫力だ。

最後はギターの弾き語りだった。歌もいいけれど、ギターもよかったなあ。私はけっこうギターも好きなので堪能させてもらった。

で、何を勉強しましたか?というと、あんまり覚えていない。本当に感覚的に伝わってくるものが多いので、文字にできるものがパッと思い浮かばない。ええと、心理学では毎度おなじみの「がんばらない」「何もしなくていい」「存在しているだけでいい」「働かなくていい」「どうせ愛されている」「お母さんを捨てていい」「子供をかわいいと思えなくていい」……といった感じかな。

要するに、どこのセミナーに行っても「罪悪感捨てなはれ、劣等感捨てなはれ、自己肯定感上げなはれ、ありのままの自分でいい」とそれだけのお話。まあ、そう連呼されてもなかなかすぐにはできないから、みんなあっちこっちのセミナーに通うんだけどね。

そうそう、心屋さんは有名でもあるし、たとえ話や表現がすこぶるウマいので、ほかのカウンセラーさんも「心屋さんでは『ぱっか~ん』でしたね(←めっちゃ腑に落ちた瞬間)」とか「『妖怪かわいそう』って、心屋さんでは言いますよね(←癒着お母さん)」とか「心屋さんの言うところの『神社ミッション』です(←さびれた神社に1万円お賽銭)」とか、ときどき言っているなあ。

ようやく本家本元の講演を聴けて大満足。ウワサにたがわず、とてもスケールが大きくて温かくて楽しい講演だった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。