高速バスで移動してカプセルホテル泊

明日の心理学講座に備えて、今日は丸一日移動。朝8時15分にウチを出て、現地の駅に着いたのが午後8時10分だった。高速道路が渋滞していたので、ほぼ12時間もかかったが、あれれ? バスに慣れたのか、ま、こんなもんか~という感じ。

うむ、なにごとも慣れればなんともないもんだが、ちっとも慣れていないのがスマホだ。スマホでブログを更新するのははじめてで、こりゃタイヘンだわ。若いヒトたちは神業みたいに早打ちしているけど、私は雨だれのようにポツリ…ポツリ…

さて、バスのなかではけっこう楽しかった。ずっと雨模様で景色は少し冴えなかったが、ちょっと手ごたえのある本をちびちび読んでいた。精神科医神谷美恵子の名著「生きがいについて」をじっくりと。

少し読んでは、心理学と照らし合わせてぼーっと考える。そのうち意識が飛んで居汚なく寝呆ける。やっと目が覚めたら、また読んでみる。ぼーっ→寝る→起きる→読む→ぼーっ…を数回繰り返しているうちに目的地に着いてしまった。

大半寝ていたので75ページしか読めなかった。う、12時間もあったというのに情けない。でも、これが私なんだよね。

カプセルホテルは、最近はやりの小じゃれたカプセルなので快適。広めの個室シャワーブースやゆったりしたパウダールームとか申し分なし。狭いビジネスホテルよりも使い勝手がいい。しかもあの巨大駅から歩いて8分で、一泊4200円という格安。助かるなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。