遠方の心理学講座→帰りは夜行バス

講座そのものは、4時間半のプログラムだというのに、なぜか朝から晩まで忙しく、ちっともゆっくりできなかった。私の「時間の経過」は、ふつうのヒトと恐ろしく異なっているのだ。ま、救いようのない重症のグズね。

しかし、今回の心理学講座は、いつにも増してめざましく気づきを豊潤に与えられ、いまはただ感謝の気もちでいっぱいだ。O先生と受講生さんに、なんと温かく接していただいたことか!

そして、これこそ自己肯定感がグッと上がった状態なのだと、はじめて体感した。これはやはり、実際に味わってみないと本当にわからなかった。

さらにもうひとつ、自分が大切にするべきものも再確認できた。それはやっぱり「音楽」なのかもしれない。不思議なことに、それを気づかせてくれるひとに偶然出会った。うっかりそのひとの「地雷」をおもくそ踏んで、一時ひどく落ち込んでしまったが、それすら必要なことだったのかもしれない。

くわしくは、また後日に書く予定。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。