好きなものってちゃんと向こうからやってくる

ずいぶん長い間、やりたいことが見つからなくてジタバタしていたけど、な~んだ、勝手に降って来るんだ。今日になっても、ずっとバッハがアタマのなかで鳴っていて、ああ、しあわせだなあ。え? これが11ヵ月も続くの? う~ん、にわかには信じられない僥倖だなあ。

つか、ミサ曲を歌ってんだよね? だから神様の恵みそのものなんだけど。ええと、楽譜読むのにぱっつんぱっつんで歌詞なんか忘れていた。あ、練習ではまだ「ラララ」で歌っている。

でも、ちょっとびっくりしたのは、去年8月に受けた心理学セミナーのことだ。セミナーのなかで、カウンセラー先生の誘導で「自分にとっての成功者」を思い浮かべるイメージワークをしたとき、ピアニストB氏と父が現れてすごく驚いた。自分がそれほど音楽に惹かれているという自覚がなかったからだ。

けれども、いまバッハを歌うことができて天にも昇る心地で、うん、だからそれこそミサ曲なんだが、ああもうほかに何にもいらねえよという気分なっていて、そうなんだ、私の潜在意識はちゃんとこのことをわかっていたんだなとようやく思い至った。

音楽の関わりかたもさまざまだけど、合唱って気楽で楽しい。独奏楽器は習うのも先生とサシで厳しいし、演奏する場もめったにない。私はずっと人付き合いが苦手だったけど、このごろはあまり緊張することもなくなって、ヒトと話をしても疲れなくなってきた。

だから、みんなで集まって合唱だなんてすごく満たされる。昨日は、きれいなホワイエで、全員でバッハを歌って、先生に「よりによって、〇〇〇〇(←ウチの地名)でロ短調ミサをやるんですよ。〇〇〇〇でねえ。バッハも草葉の陰でどんなにびっくり、いや、喜んでいるやら」と揶揄されて、本当に楽しかったなあ。

そうそう、やりたいことってべつに探さなくていいんだ。潜在意識、もとい、神様にお任せしていたらいいんだね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。