魂が抜けるのを防止しよう

またなんか失敗するんじゃないか?と、仕事ではけっこうヒヤヒヤしている。自分がやった結果を、だれかほかのひとがチェックするわけでなく、そのまま外部に出してしまうのでスゴく恐い。う~ん、なんちゅうか責任が重すぎじゃねーの?といつもモヤモヤ。

上司は、この土日も出張だったのでさすがにお疲れのご様子。鉄人のようなヒトだけど、そりゃまあ、私より年上だし、休みがないとコタえるだろうね。で、上司が5時すぎに帰ったので、私も6時すぎに帰った。

さてさて、お歌の練習♪ 先週と同じように発声練習をしてから、ロ短調ミサ曲をエッチラオッチラ歌う。すると、ふと思いついたんだが、CDと合わせて歌ったら楽しいんじゃない? さっそくいつも聴いているCDをかけて……畏れ多くもいっしょに歌ってみたら、出だしの荘厳な序奏4小節で、感動のあまり涙が噴出した。うおおお、な、なんてうつくしい曲なんだ!!!

いや、ロ短調ミサ曲はバッハの最高傑作のひとつだから当然だけど、ホント神々しいよね。で、それを私が歌うなんて……このクソ田舎に150人も集まって歌っているなんて……なんでっ?! 昨日横に座っていたひとは、隣村から来ていたよ。村です、村。バッハ生誕333年後、この極東の島国の僻地に村びととかが寄り集まって「キぅ~リエ~、エレ~イソン!」ってなんでっ?!

そういえば、練習のときに全パートいっしょに歌っていると、それなりに、うん、まだそれなりなんだが、ハーモニーがうつくしいので魂が抜けそうになる。きれいなんだよ、現世に戻って来れなくなりそうだわ。

それで、練習のときにいっつもアタマがぶわぶわになって余計に歌えなくなっていたのだが、そうだ、ウチで練習するときにCDと合わせてやっておいたら、感動しすぎに歯止めがかかるかもしれない。はあ、いま1回合わせて歌っただけでも、涙と鼻水がボロボロ、もっと聴いて慣れておかないとね。ああ、でもきれいだ……うつくしすぎる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。