仕事のストレスを正攻法で発散する

出張から帰ったばかりというのに、上司は快活だった。出先の仕事が難航したにもかかわらず、苦にする様子もなくつぎつぎとデスクワークをこなしていく。その合い間に、移動中に読んだ本がすごくおもしろかったと目を輝かす。

「久しぶりに夢中になったよ」と上司がその本を差し出すので、いちおう受け取ってぱらぱらページをめくってみると、いやあ、専門書だから私はさっっっぱりわからん。でも、楽しげな様子を見ていて、これは勉強になった。こんな風に楽しくてたまらないのが仕事だなんていいねえ。

こんなに活き活きと働けるって、このかたの美点のひとつだろうな。私は付いて行けないのが残念だけど、せっかく見せてもらったこんな仕事ぶりはすばらしいお手本にさせていただく。

ちょっと切り出しにくかったが、思い切って、指示された作業が遅れることを伝えると、「そうか、じゃあできるだけでいいからがんばって」と短く了承してくれた。あっけない。そうそう、このかたは割り切りが早いんだよね。

ただし、きっとホンネでは一日でも早いほうがいいだろうから、今日も集中してがんばる。やっていることは、エクセルばかりなのでやっぱりおもしろい。ついつい熱が入るし、時間もあっという間に過ぎる。

ふと気がつくと、う~ん、ややオーバーヒート気味。カウンセラー先生が言うように「7割で仕事をする」というのはなかなかむずかしい。どうかすると、うっかり全力疾走になってしまう。それでも、定時より30分すぎで終了した。

やっぱり疲れを感じる。じっさいに仕事量は多いし、早く帰りたいから根詰めるし、プレッシャーはかかるしで、けっこうつらい。これも、5月末までのしんぼうだからなんとかなっている。

ストレスは歌で発散する。ここ数日、CDに合わせて歌っていなかったが、今日はムチャクチャでもかまわず、CDといっしょにぶわ~~~っと声を出してみる。CD、早ぇーわ。ついていけへん。私は歌まで遅い。でも、楽しい。早くおおぜいで練習したい。

そもそもカラオケにはストレス解消効果があるそうで、べつに狙ったわけじゃないけど、毎日歌の練習をしたらちょうどストレス発散になっているかもしれない。でもな、あまりにヘタクソすぎて、練習中はげんなりした気分になるんだけどね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。