退職日はいつなんだろう?

上司はいつも忙しい。いや、私も自分の仕事がめちゃくそタイヘンで昨日も没頭していた。そしたら、今日上司は出張でいなくて、気がついたら退職日がいつなのかまだわからない状態だった。いったい何日で辞めるのかわからんちゅうのもめずらしくておもしろい。

いや、たぶんXデーは5月21日、来週月曜日だと思うよ。だってその日に後任のひとが来るそうだから。今日の午前中に人事担当者のところへ行ったら「ロッカーが足りないので、月曜日にそのまま引き継いでください」と言われた。そんならさあ、私は月曜日でおしまいじゃん。火曜日も来たらロッカーすらないよ。

人事のひとに「私は月曜日で退職ですか?」と尋ねたら、「さあ? 私はわかりません。上のひとに訊いてください」とのこと。やっぱりなあ。

ロッカーの引継ぎはともかく、仕事の引継ぎがどうなるのかすっごく悩ましい。それでなくても特殊な仕事なのに、一日で引継ぎできるんだろうか? でも私は前任のひとから引継ぎなしだった。そして前任のひとも前々任者からの引継ぎがなかったらしい。ココの仕事は代々いきなり崖っぷちから突き落とされることになっている。

私もそうだったけど、みんな自力で書類やファイルやメールを読み解いて、どういう仕事なのか把握しないといけない。しかしメリットもある。それは、あれこれ考えて苦労するので、仕事を覚えるのが早くなるのだ。手取り足取り教えてもらうより記憶に残りやすい。千尋の谷から這い上がってきた甲斐があるというものだ。

とは言っても、ムダな努力は省きたいし、できるだけのことは引き継いでおきたい。データそのものの整備は99.9%終わったが、これからはそのデータの加工作業が必要だ。そのときのコツとかも伝えておきたいなあ。新しく来るひとがパソコン大好きだといいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。