年間走行距離1,200キロはヤバいらしい

毎日予定があって忙しい。今日は、クルマの点検でディーラーへ持って行った。法定1年点検の案内ハガキが来ていたのに2ヵ月も放っていた。私はとにかくキャパがすっごく小さいので、パートに勤めているだけでそういう用事は全部できなくなる。で、いまようやく溜まりまくっている用事を片付けている。

クルマ屋さんは、開口一番「もっと乗ってください。やっぱり乗らないとクルマによくないです」。そーだろーなー、なんせ1年で1,205キロしか乗っとらんからねー。1日当たり3.3キロだなんて自転車かいっ?!

なぜこんなに走行距離が少ないのか? その理由は、やはり私の極貧キャパである。このクルマの納車は去年の5月。ところが4月からセミナーにハマッてしまった。ほとんどが心理学だけど、それ以外にネット関連とか起業とか興味のおもむくままセミナー三昧だった。

そうこうしているうちに10月から職業訓練がはじまって、12月にはもう就職してあとはずーっと忙しくて、結局ほとんど乗れなかった。でも「これが私」なんだと思う。学校だったり仕事があると、ほかのことがなにもできなくなってしまうのが「ありのままの自分」なのだ。だから、このまんまでべつにかまわんのよ。

さて、点検のためにクルマを預けたら、代車を貸してくれた。わーい、代車って生まれてはじめて。でも、慣れないクルマでぶつけたらタイヘンだと緊張する。ちっちゃい軽自動車なんだけど、座席に座ったら、そのあまりの「低さ」に仰天した。なんだ、コレは?! なんでこんなに沈み込んでいるんだ?

いやあ、私はずっと「箱バン」タイプの軽自動車しか乗ったことがなかったので、ごくふつうのヤツがこんなに車高?が低いとはまったく知らなかった。ものすごく低いよ! まるで地べたに座りこんでいるみたいな視界だ。で、こわごわ動かしたら……匍匐前進かよっ?! それに、車体の前の部分がどこまで突き出しているのかさっぱりわからん。

う~ん、やっぱりスゴく運転しにくい。車内の天井も低くて狭いなあ。クルマ屋さんも「小さくてすみません」と言っていたが、ホント、同じ軽自動車でもぜんぜんちがうよ。ただ、走っているときの安定感はちがったかね。私はクルマにくわしくないからいい加減な感想だけど、なんか、車高が低いと地面にぺたーっと張りついているみたいで、カーブとかがちょびっとちがう。ま、そんなに大きな差はないけど。

午前10時に預けて夕方4時に「できました」と電話があったので取りに行く。やってもらったのは、エンジンオイルとフィルターの交換だけだった。クルマ屋さんにもう一度「もっと乗ってくださいね」と言われたので、「はい、来月から2ヵ月ほど北海道へ行きます」と答えたら、「えーっ? それを聞いていたら、コンピューターのバージョンアップを止めておいたのに」と言われた。

そもそも半年ほどまえから、ゆるい登り坂をバックするとき、車体がガッガッガッ……と小刻みに振動する現象があった。そのことをあらかじめ伝えていたのだが、その不具合が解消するかもしれないということで、最新のコンピュータープログラムに更新したそうだ。

なんでも、最近のクルマはコンピューターで運転者の走りかたを学習して最適化しているらしい。しかし、その最新バージョンではまだまっさらの状態だから、クルマ屋さんいわく「そんなに遠くで乗るのなら、これまで学習していた旧バージョンのほうがよかったかもしれませんね」

ふう、最近のクルマはむずかしいね。ま、そんなに重大なことじゃないと思うからもうそのままで行くよ。で、自分のクルマを受け取った。おお、やっぱし座席は高いほうがええのう! あらためてこのクルマのよさがわかったね。これから長く大事にしよう。それに来月からは張り切って乗りまっせ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。