北海道放浪10日目|大牧場~サロベツ原生花園~ようやく稚内へ

6:30起床。車内室温15.7度。もう少しゆっくり寝ていたいのに眠りが浅くて目が覚めてしまう。まだクルマのなかでくつろげていない。もっとリラックスして車中泊を楽しみたいところだがまだまだ。8:20豊富温泉駐車場、出発。

8:42 大規模草地放牧場、到着。豊富温泉のすぐ近くにある巨大な牧場。

見渡すかぎり草原が広がっているが、牛がいるのはほんの少し。

牛、けっこうこっちを見ている。私に注目してくれるのは牛ぐらいか。

四方ぐるりと広大な草原。曇り空なのが残念。

このぐらいで文句を言うのもなんだけど、空は青いほうがいい。

「動物注意」の標識はたいていシカだけど、ここではちゃんとウシ。

10:13 サロベツ湿原センター、到着。昨日の幌延ビジターセンターより北にある。どちらもサロベツ原野の案内センター。

今日のサロベツ湿原センターのほうがはるかにりっぱで充実している。訪れているひともかなり多い。

こちらの湿原は「サロベツ原生花園」という。昨日より花が多いらしい。私はとくに花には興味がないので、沼が見える昨日のほうがよかったかな。

よく整備されていてベンチがあるのはうれしい。

エゾカンゾウがポツポツ咲いている。

利尻島、今日は曇っているのであまりよく見えない。

センターに戻って、カフェで「いももちセット」を食べる。注文してから揚げてくれる「いももち」は、ねばりがあってとてもおいしい。ミルクも濃厚でこのセットは気に入ったなあ。

12:00 サロベツ湿原センター、出発。昨日ずいぶん歩いたのでまだ疲れが残っている。のんびりタラタラ走って、パーキングエリアが出てくるたびに長々と休憩しつつ、チビチビ北上する。

稚内市に入り、稚咲内園地からの利尻島。

同園地から、ノシャップ岬方面。

「こうほねの家」という休憩所。

無人で解放されている。雨のとき、ライダーやチャリダー(自転車旅)は重宝するだろう。でも夕方5時で閉まるので宿泊はできない。

こうほねの家から利尻島。う~ん、雲が取れない。けれども、利尻島に登っているヒトはもっと残念な思いをしているよね。

14:30 稚内温泉童夢、到着。稚内では有名で大きな温泉施設だ。くもりだしー、だるいしー、また温泉に入ることにした。

なかは広くて快適。

風呂は10種類もあるのが特徴で、7種類ほど入ってみた。打たせ湯がビシバシ落ちてきて気もちいい。寝湯もプカプカ浮かんで楽しい。
でもまあ、露天風呂さえあれば満足かな。露天で出たり入ったりぼーっとしているのが最高に気もちいい。露天風呂から利尻島も見えるが、雲がー、取れないー。

施設内のトイレ、ロシア語が併記されている。

セイコーマートで夕食を調達。道北になると大手コンビニはまだなくて、北海道のコンビニ、セイコーマートだけが頼りとなる。通称、セイコマ。昨日セイコマのポイントカードを作った。

食べたあと、道の駅「わっかない」へ移動。JR稚内駅直結の道の駅で、ガイドブックに「車中泊の車が非常に多い」とあったが、そのとおり、びっしり駐車されていて空きを探すのに苦労した。ちょっと落ち着かないけどここに泊まる。22:30就寝。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。