北海道放浪24日目|富良野ならではの牧草ロールや花畑に感動

4:40起床。車内温度17.8度。うわあ、標高が高い道の駅なので寒いよ。毛布2枚じゃ明けがた寒かったけど、寝袋を出すのがめんどうで丸くなって寝ていた。
外をのぞくと曇り空。でも、天気予報は晴れなのでふたたび十勝岳望岳台へ行ってみる。

望岳台へ行くまでの道はこんなに霧が湧いていた。

5:33 十勝岳望岳台に到着。ありゃー、やっぱり真っ白だ。駐車台数がけっこう多い。たぶん登山者のクルマだろう。

望岳台へ行っても、なんにも見えない。おーい、十勝岳―っ、いつになったら見せてくれるんじゃい!

つまらないので、クルマのなかでパンを食べてからフテ寝した。でもなあ、こんなふうに食べるのも寝るのも自由なのがクルマ旅のいいところだね。

しばらくウトウトして、9時ごろ起き出し、相変わらず真っ白だけど歩いてみることにした。リハビリね。朝のウォーキングね。それが十勝岳への登山道だなんて、とびきりゼイタクじゃのう。

15分だけ登って、振り返るとこんな感じ。上富良野のあたりは日が照っているなあ。

往復30分だけにして降りてきて、駐車場のすぐ下にある「十勝岳望岳台防災シェルター」をのぞく。

ここも新しい施設らしくなかはとてもきれい。24時間開放だからトイレも使える。朝が早い登山者は車中泊できて便利だろう。

おもしろいのは、床一面に巨大な地図。

すごくわかりやすくて勉強になる。でも、すぐに忘れる。

また十勝岳にフラれたので、ヤケ食いすることにした。

11:17 びえい和牛を食べられる「ファームレストラン千代田」へ行って、

開放的な吹き抜けの空間で、

肉をむさぼり食う。めちゃくそ柔らかくて美味。すぐに機嫌が直った。

ふんふんふん♪とごきげんでクルマを走らせていたら、牧草ロールがゴロゴロ!

私は牧草ロールが大好きだ。しかし、このごろの牧草ロールはたいてい白か黒のビニールにおおわれていて、こういう素朴な牧草ロールはめったに見られない。

うわー、たまらんわ、いっしょにゴロゴロしたいわ。

これが見たかったんだ。うれしい!

麦畑の緑が目に沁みる。

空も抜けるように青い。

13:06「四季彩の丘」にやってきた。おお、一面の花畑! 美瑛の典型的な観光地だけど、いやいやじっさいに見てみると感動するなあ。すごくいい!

ひとも多いが、広大な花畑なので意外と気にならない。みんなも楽しそう。

トラクターが引っ張る花電車。なんかこういうのも絵になっていて、見ているだけでも心が浮き立つ。

こんな眺めを見ていると、気もちが凪いでくる。

ここにもウェディングカップルが。まるで映画のワンシーンみたい。

みんなそれぞれ、すばらしい思い出を持ち帰るんだなあ……

シメはお約束のメロン。

そして、白金温泉にある「白金四季の森ホテルパークヒルズ」で入浴。

早い時間なので、露天風呂は貸し切り状態。髪の毛がほとんど乾くほどユルユル浸かっていた。ここは源泉かけ流しで、少し硫黄の香りがして湯の花がモロモロ浮いているすごくいいお湯だった。ふう。

またまた道の駅びえい「白金ビルケ」に戻ってきた。

森に囲まれたロケーションが病みつきに。今夜もここで車中泊。忘れずに寝袋も広げておこう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。