就活はじめたら、応募先からさっそく電話がかかってきた

昨夜、パートを探すのに「タウンワーク」のサイトをつらつらながめていた。
そうしたら、ウチから歩いて11分のところの求人が見つかった。むちゃんこ近いじゃん!

ちょうど昨日から掲載されていたようで、仕事はパソコンを使うけれどラクそうな感じ、それでいて時給も悪くない。
おやまあ、うってつけの仕事だよ! それで、とりあえずすぐに応募しておいた。

私はずっとハローワークしか利用したことがない。こういう民間サイトで応募するのははじめてだ。
ちょっとドキドキしたけれど、氏名・住所・生年月日・メルアド・出身校などを入力するだけですごくカンタンだった。

今日のうちに履歴書とかを用意しようと思っていたら、午後3時ごろに先方さんからもう電話がかかってきた。

経営者らしい男性は「前に勤めていたのはどんなところですか?」と尋ねた。応募のときは職歴を入力しないので、まずこういう質問になるのだろう。
私が会社の名前や仕事内容を話すと、そのひとは「ああ、聞いたことがありますよ。契約期間が1年更新とかですよね」ととてもよく知っていた。

男性は気さくにその関連の仕事についてちょっと話していた。そんな様子はあまりせかせかしていなくてホッとする。
そのあと、私は高校卒業後に勤めた会社のことや両親の介護でブランクがあることなどを話した。
また、パソコンスキルが必要な職種なので、自分ができるソフトをややハッタリもかまして言っておいた。

男性は「それだけできれば十分です」と言う。
だからハッタリだよ~ん。もし採用してくれたら勉強するよ~ん。

それから、そのひとは仕事の内容についてていねいに説明してくれたのち、
「では明日の3時半に面接に来てください。私は現地へはクルマで行くので多少遅れるかもしれませんが、スタッフには話しておきますのでお待ちになってください」とのこと。

いやあ、よかったよかった!
年齢で断られることなく、ちゃんと面接してもらえるし、ていねいに応対してくれたのでうれしいなあ。
私はパソコンが大好きだから、もし採用になったら……と思うとワクワクしてきた。

タウンワークのサイトはKさんに教えてもらった。
ハローワークにこの求人は載っていなかったね。求人サイトからの応募はネットでかんたんにできるし、すごく便利だ。

で、あらためてまた履歴書と職務経歴書を作るのに四苦八苦している。
思えばちょうど1年まえ、職業訓練を受けながら就活していた。なぜか毎年この時期になるとバタバタやっとるね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。