まだ「他人軸」に傾いていたけれど、いや止めた、過去は捨てて「いま」を生きる

もうじき57才になるけど、「自己紹介」ってどないしたらええねん?
明日、個人カウンセリングを受けるにあたって、O先生に「自己紹介メール」を書くのにめっちゃ悩んだわ。

履歴書の内容って、まあだいたいそのひとの人生がわかるっちゃわかる。
「高卒」というだけで、ああそういうことかとたいていのヒトは先入観を持つだろう。

そして職歴。私のようにケツ割りまくりの職歴だと、やっぱり、ああそういうヤツなんだなと思うだろう。

なんかさあ、学歴と職歴だけで自己肯定感がダダ下がりじゃのう。
けれども、もし自分に自信があったら、そんなことは痛くも痒くもないんだろな。

結局、先生に対しても「高校出てから、仕事が長続きしないでケツ割りまくりっス」ぐらいしか書けない。
半世紀以上生きているのに、コレ、なんやねん? どこの不良?

ふつうのかたがたは、結婚じゃあコドモじゃあ、ダンナがあーだこーだ、といろいろネタ満載だろうけど、あたいは真っ白、なんにもない。
てか、あ、しまった、ワシがビアン寄りのバイセクシャルっつーことを書くの忘れてた。ま、忘れるくらいだから大したことじゃねえ。

でも、「ライフワークを生きること」って、それこそ「自分軸」をしっかりおっ立てて、ヒトにどう思われるかなんてかなぐり捨てて、はじめて叶うのだ。

はいはい、いま私には「やりたいこと」があるのだよ。
それはもう「やる」と決めているので、やるかやらないかという相談は先生にもしない。

ソレを実行するにあたって、ちょっと障害に思える事項があって、それにどう向き合うか?を手助けしてほしいのだ。
それともうひとつ、「瞑想」のやり方を具体的に教えてもらいたい。

O先生あてのメールをもっちゃもっちゃ書いていたけど、結局相談したい内容は、そのふたつだけだった。

で、要するに「過去」は関係ないんだ。
「いま」をどう生きたいか?
そのことだけに忠実に生きていればいいんだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。