せめて太陽系にある大学にせんとなあ

私の奥底に存在するマグマは、まあなんちゅーか、エラいむつかしいことを言うとりましてね。

「『この世に生を受けたよろこび』をみんなと共有したい」
「そして、みんなでそれを分かち合ったのち、天を見上げたい」
「そう、つまり私たちは『生かされている』。そのよろこびに浸りたい」

そういうことなんスよ。
これはもう、そげなことをマグマが言うとるから、ワシにはどうすることもでけへんのよ。
べつに、ワシのオツムで考えたわけじゃおまへん。

さて、ではその方法をどうしまんねん?というと、「ピアノ、弾け!」っつーことらしい。
つまり、みなさまの前で「ピアノを演奏せい」ちゅうことだ。

そういうことを、ワシはO先生にモゴモゴ打ち明けたら、
先生「ああ、それならイチから大学へ行かなくてもいいんじゃない? いまさら学歴もいらないでしょ? だったら、東京藝大の別科とかちょうどいいわよ」

はああ? 東京藝大のナニ……?
てか、せんせえぇぇぇ!!! ソレ、どこの惑星のハナシでっか?

ワシ、ピアノ再開してからバイエルでケツ割っとるんですけどっ?!
ハノンの1番ぜんぶ弾かれへんって、さっき言うたんですけどっ?!

しかし、もはや太陽系の外を光速で巡航中の先生は、
「ふつうに大学行っちゃうとね、法律で決められてるから、ぜんぜん関係ない勉強もやらされちゃうし。体育とか……」とおっしゃる。

ああ、そうだった。先生は、ふたつ大学出ているからよくご存じで、そういうコトがムダじゃない?と言いたいんだ。

なるほど、もっともだ。
しかし、あえて「私のホンネ」を正直にまさぐってみると、いやあ、やっぱし一生に一度でいいから「大学」行ってみたいのう。

うん、キャンパスライフってのにあこがれる。だって職業訓練でさえ、あんなに楽しかったんだもん。
それに、小学校・中学校・高校が暗黒時代だったんで、それをやり直したいんだよなあ。

で、そこらへんのホンネを、地球の土着民がごにょごにょつぶやいていたら、
先生「ああ春子さん、大学、行ってみたいんだ!」と言ってにっこりした。

わはは、うれしかった~、先生にわかってもらえた~
と同時に、あ~そうだ、このコトバを親に言ってもらいたかったんだなあと気がついた。

ああ、ワシ、やっぱりまだコドモなんだなあ。
14才で時が止まったまんまや。

でもまあ、それでいいや。「それが私」なんだから。
そのままでいいや。それが「自分を肯定すること」だよね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。