とうとう「禁断の悦楽」に溺れてしもうた

まず、インベンション2番と格闘しとった。
昨日左手だけクソ暗譜したヤツだけど、今日どのくらい覚えとるかなあ?って試したら、おわおわ、ほぼだいじょうぶだった。

調子こいて、こんどは右手を暗譜してやる。
みんな、暗譜ってどうやっとんのかね?
ワシは難所から暗譜することにした。ま、おおかたぜんぶ難所になっちまうけど、ややこしいところからツブしにかかることにした。

音を覚えるのもしんどいけど、指使いを覚えるのも超タイヘン。インベンション、むっちゃしんどい。
あ、あの番号、「指番号」って言うのかなあ?って思てたけど、ピアノの先生は「指使い」って言ってて、そういやあ、大むかし小学生のころの先生も「指使い」っちゅうてたなあと思い出した。

で、右手と左手をそれぞれ暗譜したら、うへへ、スルスル弾けるはずじゃあ!なーんてあさはかなコト考えてたが、両手を合わせたらみごとに弾けへん!
まあね、エッチラオッチラだわさ。楽譜をガン見してゆーっくりしか弾けなくて、なんのために暗譜したんだか。

それでも、暗譜してないときよりはかなりラクになっていて、とくにインベンションは二声だし、やっぱし左手を暗譜しておくとテーマがどことかよくわかる。
20回ほど練習したら、超低速でいちおう弾けるようになった。

そいでさ、インベンションで疲れちゃったから、ふと魔が差したんだ。

ベートーベンのソナタ20番なんだけど、ピアニストB氏(あたいが好きなピアニスト)のCDを電子ピアノでも聴けるようにしたんだ。
CDはWMAで、電子ピアノはWAV、でもいまの時代、そんなのブラウザ上で変換できるサイトがいくらでもあって、ササッとUSBメモリに入っちゃった。

ソイツを電子ピアノにぶっ刺したら、どういうコトになるか、みなさま、ご想像できますでしょうか?

あのさ、そのまま電子ピアノでB氏の演奏をジャーンと聴けるのはもちろんのこと、ははは……、同時にいっしょに「ワシも弾く」ということができるんスよ!
B氏の音もあたいの音も、ちゃんといっしょに聞こえるんじゃ!

マジで、こ、こ、こんなシチュエーション、考えたこともなかったわ。
いやあ、もう少しで鼻血が出そうになった。
ホンマ、ヨダレ垂らしながら、100回ぐらい弾きたくなったわ。

そりゃま、生ピアノでもCD聴きながら同時に弾くってべつにできると思うけど、電子ピアノで、しかもヘッドホンでいっしょに弾いてると、ああ、なんだべさ、この距離の近さは! ま、まるでB氏が寄り添ってくれてるかのような、この禁断の世界は!

で、なんだっけ? そう練習せんとな。
ヨダレくってる場合じゃなくて、とにかくぜんぶ練習せんとな。
あさってがレッスンやんけ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。