[動画] バッハ/インベンション第2番

妹が「インベンション2番が好き」って言ってたし、私もとても好きなので、がんばって練習した。

インベンションはこれで3曲目。
1曲目のときから、おんなじ注意ばかりされていて、まあでも、今回はまずまず先生の指導を反映している部分もある。

あ、でもね、アレができてない、コレがダメとか言わないでおこうと思うんよ。
この録音は一昨日に撮ったものなんだけど、ピアノをちゃんと再開してから41日目の演奏になる。

ピアノのレッスンを受けるのが44年ぶりで、5回のレッスンを受けたあとの演奏だ。
正直なところ、ホントに自分が弾いているのかなあ?と違和感を覚える。

いや……自分が弾いているって感覚はうすい。
自分が考えて弾いているというよりは、先生の指導があまりにも感動的なので、その熱意というか迫力というか、そういうものに突き動かされて弾かざるをえないという感じ。

ピアノのレッスンもカウンセリングといっしょで、「意識レベル」でのやりとりより「潜在意識レベル」での応酬のほうがはるかに大きくて、いつもなにかこう「爆風」を受けて吹き飛ばされてしまう。

そういった指導をしていただいたうえでの演奏なのだから、もう弾けてないとかデキてないとかなにも言いたくないかな。

カウンセラーN先生は「作家とかクリエイターのひとたちは、自分の作品を『自分の子ども』のように大切にするものです」と言われていた。

ピアノの演奏もそうかもしれない。それがどんなレベルであってもね。

▼バッハ/インベンション第2番

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。