[動画] ベートーベン/ピアノ・ソナタ第20番第1楽章

今日は妹T子へのメッセージ。


T子ちゃん、新しい職場、もう慣れた?
新しいおうちも快適かな?

私は、とうとうベートーベンのソナタがちょっと弾けるようになったよ。でも、ベートーベンソナタのなかでもいちばんかんたんなヤツだけどね。

T子ちゃんが私の動画を見たら、もしかすると「わあ、おねえ、弾けてるね」と思うかもしれないけど、いやいや、ここまでたどりつくのに、ホンマたいへんでたいへんで……

さいしょのうちは、片手ずつでしか弾けないんよ。右手、左手べつべつに何十回も弾いて、それから両手を合わせてみるけど、弾けへん(笑)
しょうがないから太極拳並みにゆっくりゆっくり練習して、そんでも左手のタタタ、タタタ、ってとこなんかガタガタで、まあでも、とにかく練習練習でようやくこんな感じ。

毎日地味ーに練習していたら、T子ちゃんの子どものころを思い出したよ。
T子ちゃんは、小学生のときからなりたい職業を決めていたんだよね。

将来その仕事をしたいから、小さいときから自分で自発的にずーっと勉強をつづけてきたんだよね。そして、いまも仕事の勉強をやっぱりつづけているんだよね。

ソレッて、ホントはすごくしんどいことじゃないか?って私は思っていたんだけど、いま私自身が毎日ピアノを練習して楽しいから、ああそうか! T子ちゃんの勉強もこういう感覚なのかなあ。たいへんなこともあるけど、でも好きでおもしろいからやってる。きっとそうでしょ?

T子ちゃんもピアノを習っていたのに、どうしてすぐにやめちゃったのか、まえに母ちゃんに訊いたら、「だって、あのコ、ピアノ弾かすとすぐに泣くから」って言ってた。
そのハナシ、2年ぐらいまえかな、T子ちゃんに言ったよね。

そしたら、T子ちゃん「きれいな音が出ないから泣いちゃった」って理由を教えてくれたから、それ、いまでもびっくりしてる。
T子ちゃんのほうがよっぽどか音楽に向いてるね。

あ、でもその敏感さがいまの仕事に活かされていて、それでおおぜいのヒトがしあわせになってるんだね。
よかったねえ。すばらしい仕事をずっとつづけられて。

ピアノを弾いてると、むかしのことをいろいろ思い出すよ。
おとなしくてなんにもしゃべらなかったT子ちゃんのことも。

なんか、泣けてきた。
ごめんね、むかし小さいときいじめてばっかりで、ホントごめんなさい。
優秀でいいコだったT子ちゃんに嫉妬してたんだ。

でも、いまはもうだれのこともうらやましく思わないで済むよ。
ピアノ、楽しいから。

いつもブログ読んでくれて、動画見てくれてありがとうね。
仕事がんばってね。ムリしないでね。


▼ベートーベン/ピアノ・ソナタ第20番第1楽章

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。