この状態はしあわせなんだけど、生活は荒れ果てていく

なんかアタマんなかがピアノ一色になってしまった。
会社で仕事していても、ずーっとなんか曲が鳴っている。ちょっとでもスキがあると、その曲についてじっくり考えたくなっちまう。

そういえば、一時にくらべたら体調もマシになってきたけど、う~ん、仕事しんどい。イヤ。
ホンマ、働くの大キラい。なんで、みんなあんなにちゃんと働けるんだろ? ふしぎ。

で、やっぱり音楽は好きだから、どんな責め苦にあっても、ま、いいか。
といっても、週1回のレッスンで、なにかしら合格していって、合格したらとうぜん次の新しい曲をもらうので、うおお! これが延々つづくのかと思うと気が遠くなる。

次までの課題は4曲。

ハノン11番は、前回から持ち越しで、まだまだレガートができていない。

▼ツェルニー/30番練習曲 第11番
これも前回から持ち越し。基礎がぜんぜんデキてないから、すっごく苦労してる。
笑いが止まらんほどゆーーーっくり練習しても、まだ両手で弾けへん。どーすんの?

▼バッハ/インベンション 第6番
新しくもらったヤツ。
そんなに複雑怪奇じゃないけど、細かい音符、たぶんノンレガートで弾くんかね?
切るんだかつなげるんだか、それに指使いもややこしくて、まあ、今日にやっと超低速で両手でヨッタヨタ。

▼ベートーベン/ピアノ・ソナタ 第19番 第1楽章
これも新しいヤツで、あのさあ、インベンションとソナタがいちどに新しい曲って、マジ死ぬわ。
左手の和音、ぜんっぜんそろわへんのんですけどっ!

こないだ、ベートーベンのソナタ第20番の第1楽章が合格になったけど、それの第2楽章はやらないそうだ。
たぶん子どもだったらやると思うけど、ババアだからやんないんだと思う。

ババアがぜんぶやってたら、音大行くより墓場行くほうが先になっちまうよね。
ああ、なんかピアノの先生にミョーなご苦労をかけているようで、たいへん申し訳ない。

それにしても、ワシ、ヘ音記号のヤツって、音符1個だけ見たらどの音もわからへんわ。
たぶんヘ音記号読めてない。だいたいここらへんの音かいな?って思ってテキトーに弾いてる。

もうね、なんでもいいからとにかく練習しないと、うへえ、もう今日が終わる。
ということは、あと3日間でどれも弾けるようにせんとあかん。

なんか鬼のようなスピードを求められてへん?!
57才のババアが、このペースにいつまでついていけるねん?!

あとさ、雑用が山のようにたまってて、いっつも「次のレッスンがすんだらやろう」って思ってるけど、いやぜんぜんできない。
だって、レッスン終わったら新しい曲が発生するから、いつまでたってもありとあらゆることが停滞している。

これが延々とつづくのが、ピアノを習うということなんだと、いま気がついた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。