もはや「認知症予防」になり果てている受験勉強

「地雷撤去」とか、相変わらず仕事がイヤだとか、いろいろ問題はあるものの、およそすべてありとあらゆるモノが「放置」されていっとるわ。

なぜか?

それは毎週ピアノのレッスンがあるからだ。
4月以降、世界は「火曜日」を軸に回転することになった。

なにがなんでも、火曜日までに課題をそれなりに仕上げないといけない。
火曜日にレッスンが終わっても、その直後から次のカウントダウンが開始する。

なんかねえ、週刊連載をやってるマンガ家さんの気もちがわかる、いやま、それは言いすぎか。

ええと、今回はインベンション6番とベートーベンソナタ19番1楽章を暗譜しないといけなくて、しばらく真っ青になっとった。
仕事もそうだけど、おっそろしく記憶力が低下しとるんよね。

モノ忘れがひどくなったのは、10年ぐらいまえからだ。48才のときコンビニのパートに行ったけど、仕事の説明聞いてもかたっぱしから忘れちまう。
メモを書くのも遅いので、しょうがないからあわててICレコーダー買って、仕事中ずっと録音して、ウチに帰って文字起こしして覚えるようにした。

ワシは高校出たあと、事務の仕事についたけど、あのときはさすがにそこまでヒドくなかった。だれかにていねいに教えてもらったら、そのときにある程度覚えられて、あとでゆっくり備忘録をつくったりで間に合っていた。

そんなことができるのは若いときだけなんだね。
なので、50才すぎてからは、もうナニカを覚えるっつーことはハナからあきらめていた。

でもっ! ここに来て「暗譜」なんて壁が出現した!

ピアノブログを見ていると、みなさん、長い期間練習されている曲は暗譜しているようだ。じゅうぶん練習していると、指の感覚で覚えられるみたいだね。

けどさ、ワシの場合、練習期間が短すぎるんだわさ。インベンションもソナタも実質6日間しか練習できてなくて、それを暗譜せんとあかんのよ。
前回レッスンの直後でもまだロクに弾けてなくて、やっと暗譜に取りかかったのは4日まえからだ。

で、今日も音楽練習室借りてがんばってみたら、まあまあなんとか覚えられたかね?
ただ指使いを覚えるのがタイヘンで、アソコは4が来て、つぎは3が来て、432、321、534、アレっ?って感じで、どー考えても数字で覚えるのはムリじゃわ。

音を覚えるほうがまだマシだけど、指使いを覚えられなくて、弾いてたらしょっちゅう指が足りなくなる。音を切るトコ、切らないトコも覚えられへん。

コレは練習不足が原因かねえ? どの曲も毎日20回ほど弾くようにしているけど、まだ少ない?
いや、単にボケてきてるだけか?

てか、これからやる曲って、もしかしてぜんぶ暗譜すんの?っつー恐ろしい予感がしのびよる。

ああそうだ、思い出した。
あたいは受験生なんだよねっ!
そりゃま、どこの大学だってなにかしら大量に「記憶」せんと受験なんてできんわね。

そうだった、そうだった、そーゆーのをヒーヒー言いたいから受験するわけで、お望み通り、暗譜をプレゼントされたっちゅーわけね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。