ダレに訊いても「わからない」と言われても、しぶとくがんばってみた

結局、引っ越し荷物は合計47箱になってしもうて、よくもまあ、こんだけのモンが5畳一間に入ってたなあ。
そりゃま、床可視率は10%切ってたもんね。汚部屋一間って、段ボールに換算すると50箱ぐらいなんだね。

で、引っ越し先はまずまず広くなった。っちゅーても、1Kだけどね。
ワシ、キッチンがべつになってる部屋借りたの、はじめて。貧乏暮らしが長いのう。

昨日今日で10箱開けたぞ! ワシにしては異例の速さだ。
これまでは、引っ越ししてからぜんぶ開梱するまで3年ぐらいかかってたけど、はは、今回はグランドピアノが来るからグズグズしてらんない。

といっても、ネット接続が恐ろしく手間取った。接続の工事に来たおっちゃんが「ココはパイプが来てないから接続でけへん」っつって、帰ってもうた。
これまで、実家の引っ越し含めて7~8回はやってるけど、ネットにつなげないってびっくり仰天!

光回線を引くには、部屋の内装を剥がしたり、共用部分に線を這わしたり、ものすっごくタイヘンなことになるという。
「その費用は、お客さんか大家さんが負担するんでっせ」

ええーっ?! そんなことは不動産屋でなんにも聞いてへん!
いまどきそんなマンションってあるんかいなっ?!

部屋には、電話線の差込口が2個と「LAN」表示の差込口が1個あるけど、おっちゃんは「どれも使えない。新しく外部から光回線を引かんとあかん」と言う。
場合によっては数ヵ月かかることもあるという。すっげー工事だなあ。

そんなにネットにつなげないって、ありえへん。
じゃあ、光はやめてADSLとかWi-Fiとかにせんとあかんのかなあ?

おっちゃんは帰ってもうたんで、とにかく手当たり次第あちこち電話してみた。
でも、見事にタライ回し食らったわ。

不動産屋は「大家さんに訊いてください」。大家さん「ようわからん、不動産屋さんに訊いて」。プロバイダー「わかりません。NTTに訊いてください」。NTT「プロバイダーに訊いてください」。

ドコに電話してもダレも知らない。調べようにもスマホしかないから、ものすごくやりにくい。
しょうがないので、auにも電話してみる、eoにも訊いてみる、ケーブルテレビにも訊いた。それでもどこも「わからん」っちゅーから、今度はプロバイダーを片っぱしから電話してみる。

電話しつつも、え? でもさ、ここのマンションの入居者はどうしてんだろ? いまどきネットなしで暮らしてるヒトっておるんかな?
しかし、あるプロバイダーのヒトがヒントをくれた。

「LANの差込口があるんですよね?」
「はい、でも工事屋さんは『それは使えない』と言っていました」
「そうですか、たまにマンション全戸にLANを引いていることもあるんですけど、使えないというならそうなんですね」

そのやりとりが引っかかって、ふうん、一回試そうか?
築39年のマンションにそんなことしてるとは思いつかなかった。
もしも全戸LANなら、もしかすると光回線終端装置(ONU)なしでつながるかも知れん。

で、たまたま持ってた無線LANルータをくだんの「LAN」ジャックにぶっ刺してみると……
をを! スマホがWi-Fiにつながったぞぉぉぉ!

ついでパソコンを立ち上げたら、たちどころに無線でネットに接続できた。
いったい全体、どこのプロバイダーにつながっとるんか?ってのをIPアドレスから調べたら、ようやくA社だと判明した。そこにもすでに電話したんだけど、「そのマンションには入っていない」って言われた。

今日一日で29回電話したわ。
こんなにダレも知らないハナシって生まれてはじめてやったわ。
ま、最終的にネットにつながったからエエけど、しんどかった。ふう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。