「母指CM関節症用装具」を装着してみた

今日も病院行った。月曜やからめちゃくそ混んでた。
まあでも、ワシってぼーっとしてるのが大好きやし、なんか待つってのは苦にならへん。

キンドルでマンガ読むのが楽しい!
だいぶんまえから、マンガはぜんぶキンドルで買うことにしている。ふつうの本は古本で買うけど、もうマンガはキンドルのほうが大量に入れられて、どこでも読めるのでいっちゃんラク。

で、吉野朔実の「period」、父親が子どもを虐待するあのエグい名作。

コレ大好きで、1巻から5巻までネチネチ読み返してたら、4時間ほどで診察になったわ。
んで、今日は親指を固定する装具をもらうことになった。

▼「CM関節症用装具」。シリコン製でよくフィットする。

▼付けるとこんな感じ。片手でもちゃんと付け外ししやすくなっていて助かる。

▼親指を曲げて、痛くなる寸前で固定できるので、「ココまでなら動かせる」とわかって安心。

べつにコレで治るわけじゃないけど、ある程度動かせるようになって、かなり有効だ。

まず、クルマのハンドルは軽くにぎれるようになった。あのぐらいの太さのモノなら、この装具を付けるとけっこう安定して扱える。でも、エンジンキー・シフトレバー・サイドブレーキは両手で用心しながらヨッコラショと動かさないとダメ。

病院行ってから出てくるまで、結局6時間ほどかかったよ。ふう。

ウチに帰って、ようやくシャワーを浴びた。一週間ぶり。だってさ、いろいろ痛そうな動作が多いからずっと浴びてなかった。てか、もともとシャワーめんどくさいんで、退職したらとたんに浴びなくなっただけか。装具は濡れてもOKなんで助かった。

それで、肝心のピアノもコレ付けたまんまで弾ける。もちろん、使う指は親指以外だけどね。
まあ、ピアノ弾くときも親指が痛くなくて安全なんだけど、やっぱし「親指ヌキ」で弾くのは非常にやりにくいわっ!

病院で時間取られたし、インベンション7番を「親指ヌキ」の珍妙な指使いでしか弾けないし、モチベがダダ下がりでごわす。
う~ん、つまんねーよーっ!

でも、こんなことになってもいいことがあったね。
それは、いろんなヒトがワシのことを心配してくれたこと。

妹は手外科の病院をすぐにピックアップしてくれたし、Kさんは「辛いことが起きるのは幸せの前触れらしいですよ」ってなぐさめてくれた。

たぶん、このブログの読者さんも励ましてくれているような気がする。
そうだよねっ? みなさん、ありがとう!

きっと治ると信じてる。
だから「いまできること」だけをやろう。

明日はレッスンで、おおよその事情は先生にメールしておいた。
超低速インベンション7番だけを見てもらうつもり。親指ヌキで。べつにネタやおまへんで。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。