ハローワークにもプロフェッショナルが存在した|「長く勤められる会社」の選びかた

いまのパート、10月9日にきちんと解雇宣告されたんだけど、そういえばワシ、ピアノにかまけてほとんど就活しとらんかったわ。

いや、忙しゅーてたまらんのよ。もともとキャパ小せえのに、ピアノ練習して、パート行って、もの忘れ外来行って、記憶術セミナー行って、クルマ自損事故起こして、持ちマンション売って、……てのを同時進行してたら、就活があと回しになっとった。

そうか、ソレで会社はワシを「干物」にする作戦に打って出たわけかっ!
うん、ソレで正しいと思う。ワシ、こげな具合に「干されて」ようやく、おおそうや、就活せんといかんなあと思いいたった。

なので、今日はレッスンの前日にもかかわらず、ちゃんとハローワークに行った。
ワシは引っ越したけど、ハローワークの管轄は旧居とおんなじ。だから、ふたたびおなじみのハローワークに行くしかしょうがない。

で、ハロワに行くまえもめずらしく熱心に求人を探してた。ハロワのサイトとタウンワークをつぶさに調べ上げた。なんだけど、見れば見るほどいったいどこに応募したらええのか、ワケわからんようになるねえ。

ライス(米)ワークであっても、ちょっとでも興味がある仕事がいいのか? 時給がマシなほうがいいのか? クルマ通勤可がいいのか? 資格を活かせるとこがいいのか? 経験を活かせるとこがいいのか? 近いほうがいいのか? ババアが浮かないとこがいいのか? 手作業なしがいいのか? ピアノレッスン日に休めるとこがいいのか?

いやもう、迷い出したらキリない。
てか、そもそも下流老人が「仕事を選ぶ」っつー大それたことなんてできへんのにね。

ところが、ハローワークに行ったら、なんかスゴいスタッフさんに当たってしまった。かなり年配の男性で風格がありベテラン臭ぷんぷんのヒトだった。ハロワでそこまでスゴいヒトに会ったことがない。

なにせ検索のかけかたがこれまでとはぜんぜんちがう。ワシの心中を見抜いて、思いがけない求人を探し当てて提案してくれる。しかもその会社のメリット、デメリットまでアドバイスしてくれる。クルマで行くなら、ココは渋滞でプラス30分は見ておかないといけないとか、この会社なら春子さんのコレコレの経験が役に立つとか、なんか茫然とするほど就活に精通しているヒトだった。

地理も仰天するほどくわしい。ワシが住んでるとこのバスが1時間に1~2本しかないことも知っていた。「ココは歩くと坂道がキツい」とか「バス便しかないのにマイカー通勤不可だから、この会社は応募者がいない」とか「川を渡るからこの3本の橋で渋滞する」とか、ここいら周辺の土地をほぼすべて把握している。

はああ、ハロワにもプロフェッショナルっていてはるんやねえ。

それでね、さすがにそんなかただけに、ワシが「いろいろ迷っている」こともお見通しだった。そして、おそらくワシのケツ割り歴もよくわかったうえでこうアドバイスしてくれた。

「長く勤めようと思ったら、近いのがいちばんですよ」

なるほど。

そうなんだ。いや、でもそのとおりだ。なぜなら通勤時間が長くなればなるほど、その分確実にピアノの練習時間が減ってしまう。

ワシはようやく目が覚めた。それでベテランさんがプリントしてくれた7社のうちから、クルマで20分で通える1社を選んだ。ベテランさん「悪くないですね。ただ年齢が引っかかるかもしれません。電話してみましょう」

しかし電話はすぐさま終わってしまった。ベテランさんがワシのことをとてもいいように言ってくれたが、先方さんは「もう決まりかけているヒトがいます」とのこと。ベテランさんは「そうは言っていますが、やはり年齢ですね。若いヒトが主体のところです」という。

そして「いまは月末だから新しい求人は出ないんです。更新の時期だから、新しい求人を出しても、更新する会社のなかに埋もれてしまって目立たない。だから新しい求人は月初に出るんです。なので、11月に入ってからのほうがベターです。11月8日か11日がねらいめですね」

う~ん、そんなことも初耳だった。さらに「遠方の会社へクルマ通勤を考えるんだったら、朝じっさいにその会社へ行ってみてください。毎日その渋滞で疲れないかどうか試してください」とまで教えてくれた。

他の6社はどこも遠いところばかりだった。なるほど、ベテランさんの忠告どおり、もっと近場の求人が出るまで待つのが賢明だね。正直アセりがあったものの、やはりココはベテランさんの言うとおりじっと待つことにした。

それにしても、すばらしいスタッフさんに出会えて助かった。ものすごく勉強になった。会社を選ぶときには、やっぱり「優先順位」を定めておかないといけない。そのなかでも「通勤時間」はとても重要だとよくわかった。

ちなみにそのスタッフさんの名まえは永久記憶になっている。べつにだれであっても名まえはもう確実に覚えられるようになった。「ストアカ」(ストリートアカデミー|まなびのマーケット)「シンが教える記憶術」セミナーのおかげだ。

その道のプロが、みんなでワシのことを助けてくれる。スゴいかたがたに出会えて感激ばかりだ。ヒトとの出会いってすばらしい!

それはね、いま解雇される会社でも変わらないよ。あんなふうにスパッとクビを切れる手腕っていうのも感心してる。あのエラいさんのことはあっぱれじゃのうって尊敬してる。そして、ソレは「次の新しい出会い」に導いてくれることだしね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。