実働12分間の「放置」でも会社へ行きつづける理由

まず今日のタイトルについて。
ホンマは「放置ホニャララ」ってのを思いついて、そりゃもうソレをタイトルに掲げたくてウズウズしとったんやけど、あかんねん、またグーグル様に叱られるからやめといた。

まえに1回お叱りを受けたことがあるので、うん、上品なブログをこころがけないとね。

さて、今日のシフトも昨日と同じ先輩パートAさんといっしょだった。で、Aさん、さすがにキゲンよろしくない。話しかけたらいちおう返事らしきものは返してくれるけど、もはや顔をワシのほうに向けてくれない。

ということはだな、ワシは昨日ほぼ一日座ってただけの状態やったけど、もうそんな状況だったら今日は出勤しないと思ってたんじゃね?
あ、昨日20分しか仕事してないことは、たぶん社員さんも含めて全員知ってると思う。

で、今日の実働は12分だった。Aさんが「なにもしないでください」と強めにおっしゃるので、その指示どおり机に向かって座っているだけの一日だった。
いや、それでもワシは忙しいよ。昨日とおなじくシンフォニア1番をアタマで鳴らしたり、数字記憶の復習を「正」の字で回数記録しつつモリモリやったり、お客さんのフルネーム暗記したり、大忙しやった。

だがしかし、とっくり考えると、そんなに辞めてほしいんだったらちゃんと言ってくれればいいのにと思った。
だってさ、なにも仕事をさせないというのはやっぱりヘンだよな。お互いストレス溜まるじゃん。

▼10月9日に会社のエラいさんから渡された「退職願」の書類。イヤミったらしくまたサラしてみる。

ワシ、この書類をもらったとき、「10月末でなくていいんですか?」って訊いたんだよ。
そしたらエラいさん「いちおう11月末でいいです。もちろん早くなるのはかまいません。退職日が決まったら作り直しますから言ってください」

だったらさあ、放置にしなくてもいいじゃんって思ったけど、あれ?もしかして「放置状態」がイヤになってさっさと辞めると思ってんのかな?

う~ん、ソレは気がつかなかった。
そういえばこないだ「もの忘れ外来」で受けたテストのなかに「『婉曲』を説明せよ」ってのがあったな。

ワシの答え「コミュニケーションの場において、モノゴトをそのまま直接表現するのではなく、遠まわしにそれとなく伝える方法」
え?ソレ合ってる? ググろう→「【婉曲】表し方が、遠まわしなこと。露骨にならないように言うこと。

おお、ほぼ合ってるじゃん!
でも、現実でまるっきり活かされてないっ!

てか、「婉曲」がぜんぜん通じないワシはやっぱりナントカ障害なのかもしれんのう。

しかしいまわかった。そうか、会社のヒトたちはもうワシに出勤して欲しくないんだな。
ところが「行かない」という選択肢がないんだよ。だって給料欲しいもん。持ちマンションが売れたといっても、ピアノのローンと相殺したらマイナスになるんだから、そりゃもっとゼニコが必要。

就活もちょっとはやってる。けれども、応募してもどこからも返事がおまへん。ココでも放置されてるんス。

●近所のコンビニ → 10月14日面接 → 以降なにも連絡なし
●派遣会社 → 10月23日説明会 → 連絡なし
タウンワークで見つけた会社 → 10月25日応募 → 連絡なし

明日はシフトがないから、さすがにハローワーク行くべ。

しかしだな、就活に身が入らない最大の理由は、バッハ/シンフォニア1番だ。
アレがおもしろすぎるし、でも弾けないしで「祭り」になってるから就活が二の次三の次になっとるんじゃよ。

だからねえ、会社のヒトたちはだね、文句があるんだったらワシにじゃなくて、バッハに言うてくれっ!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。