「もう辞めないでねえ~」という悲痛な叫びを思い出す

今日夕方、スマホに電話がかかってきた。
ワシは本日も相変わらず、クビ確定の会社に出勤して、「完全干物状態」でツクネンと座っているだけだ。

ホンマのところ、会社は一日も出勤して欲しくないから、こないして「火あぶりの刑」を科しているんだと思うけど、あかんねん、ワシにはそんなん通用せえへんねん。「座ってるだけ」で時給が発生するもんやから、ホイホイ出勤しとるわ。

で、ワシのことなんかダレも見向きもしないから、べつにスマホにだってそのまんま堂々と出る。
出てみたら仰天した。ふたつめに申し込んだ「派遣会社」からの電話だった。

「春子さんの希望に合う会社から求人があります。いかがですか?」

いやあ、びっくりしたぁっ! 今回の就活ではじめて「反応」があったよっ! その「反応があった」っちゅーことに感動した。
だって、コンビニからもひとつめの派遣会社からもタウンワークで応募した会社からも、なにひとつリアクションがなかったからだ。

もう「不採用通知」すらもらえない我が身を憂いていたけど、この派遣会社だけはちゃんとかまってくれた。(涙) しかも「希望に合う会社」だという。

ワシ「ど、ど、どこの会社でっかっ?!」
派遣会社「ホニャララ町にあるホゲホゲ社という会社です。受付事務の仕事です」

うおおおっ! 近いわっ! ウチから歩いて15分もかからへんわっ! しかも受付事務やったらほとんど手ェ使わへんわっ!
昨日の記事に書いた「●第1条件:ほとんど手を使わないこと。せいぜい計1時間のパソコン程度。●第2条件:ウチから極力『近い』ところ。」を完璧に満たしとるわっ!

ナニやっとる会社かぜんぜん知らんけど、もうそのホゲホゲで決定やっ!

しかし、派遣のおねーさんはつづけてこう言った。
「けれども、シフトがかなり不定期になります。月に2日から10日の出勤になります」

はああっ? なんじゃそりゃ?
う~ん、ホゲホゲ、なかなかやりよるのう。つまり「忙しいときしか呼ばへんで」っちゅー条件なんやねえ。

派遣「それでもよろしいですか?」

う……、昨日オノレで書いた決意を今日すぐに試されるハメになっとる。
昨日てめえが言ったよな? 「これ以外の条件はいっさい考えないことにした」って言ったばっかしだよなっ?!

なので、ワシはおごそかに述べ伝えた。
「はい、けっこうです」
「交通費も出ません。よろしいですか?」
「歩いて行けますよってに関係おまへん」
「では、このお電話のあとにメールを送ります。そのメールに書かれている住所へ、履歴書と職務経歴書を送付してください。できるだけ早くお願いします」

さて、電話が切れたあとぼーっと考える。いや、電話のまえから長時間ぼーっとしとるだけやったけど。

ふう、とりあえず難題は履歴書と職務経歴書の作成や。ああしんど。でも、月曜日に到着したらええんやろ? だったら土日に作ろか?
いやっ!それはあかんわっ! ピアノのレッスンが次回は月曜日やねん。それなのにいまだソナチネの第3楽章、一音も弾いてへんねん。っちゅーことは「土日は命がけでピアノ練習」や。

ということは、履歴書作るのって今日しかねーじゃん!
ワシはさっさと席を立って、エラいさんとこ行って、「履歴書作って送らんとあかんので早退します」と言った。エラいさんは「がんばってください」とにっこりしてくれた。そりゃうれしいよなあ。このババア、やっと就活する気になりよったってうれしかったやろなあ。

で、履歴書だ。てか、そもそもこの派遣会社ではまだ面接もしてもらってなくて、サイトでワシの連絡先と希望条件を入力しただけなのだ。
へええ、ひとつめの派遣会社は履歴書提出なんてまったくなくて、サイト上から学歴・職歴を入力してすべてデジタルで完了だった。

けれども、このふたつめの派遣会社はアナログだね。むかしながらの履歴書・職務経歴書で社内選考するという。応募するほうも受けるほうも手間がかかってタイヘンだと思うけど、情報量は圧倒的に多いかもしれない。デジタル情報のみよりも「書類作成能力」とかも一目瞭然だろうね。

まあ、ワシは過去2回も職業訓練を受けているから、その学校の先生がたから履歴書・職務経歴書の書きかたとかすっごく指導してもらったよ。職業訓練校では「就活の授業」も定期的にあるからね。

で、その就活授業の最中にダレだったか、「先生、履歴書に書き切れない職歴はどうしたらいいですか?」って質問してた。いやまあ、職業訓練に来るヒトってみんな「どこかを辞めた」経験があるんだよね。そのなかにはワシのように「ドコ行ってもケツ割る」ってヒトもいてる。

その「履歴書に収まらないほど転職しまくってるときはどう書くか?」ってのも就活の先生はていねいに教えてくれた。
でもね、そのあとでほとんど悲鳴に近いような感じでこう言われたんだよね。

「もうこんどの会社は辞めないでねえ! ホント、つづけてね!」

ああ、でもその先生の「叫び」を聞いたのち、ワシ何回ケツ割っとるやろ?
すでにとうのむかしから「履歴書に収まらない」ので、先生から教わったテクニックでしのいでいるけど、いやホント、つぎの会社は辞めたらあかんね。

しんどかったけど、履歴書と職務経歴書を仕上げた。で、ふつうの郵便局は閉まってるから、ゆうゆう窓口のある郵便局までクルマで出しに行った。念のため簡易書留にしといた。あさって日曜日には配達されるらしい。

もうワシはハラくくったから、いまんところはそのホゲホゲ社に勤めたいと真剣に思ってるよ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。