なにをどう表現したいのか?|「バリバリ弾きたい」を手放したいのに

ついついピアノを弾きすぎた。夜9時半ごろからはじめたかな? う~ん、2時間以上弾いちまった。しかもほとんど休憩なしで。ときどき暴走する。手によくないとわかっていてやめられなくなる。

たぶんお酒やめられないのと似てるかもしれない。ワシ、飲めないんだけど、なんとなく「もう一軒」とか「もう一杯」とかそんな感じじゃないかなあ? 次の日に響くとわかっていてやめられないのといっしょみたいな気がする。

お酒は翌日に後悔するそうだけど、ピアノはすでにいま現在激しく後悔している。ああ、痛いなあ。もっと早くやめればよかった。あんなにつづけて弾くんじゃなかった。あそこでやめておけばよかった。

そうなってしまう原因はよくわかっている。「焦り」とか「不安」なんだよね。

あまり練習できないから。
もうトシだから。

そんなことにとらわれて、暴走スイッチが入ってしまう。これまでに何度もあったねえ。



なぜそんなにアセる?

はは、うんと練習したらね、バリバリ弾けるかもしれないと思って。
でも、そもそもバリバリ弾きたいわけ?

いやあ、ソレもね、ソッチ系の曲を弾きたいんじゃなくて、けどさ、どんな曲でも難なく弾けるテクニックは欲しいよなあ。

そう、それがいまのホンネ。
ホントは、もう「そんな青臭いトコ」から抜け出したいのに、まだ出来ない。

もうさすがに「スゴい」とかだれかに言われたいんじゃないのに、いやいや、オノレの心をとっくり眺めたら、まだジタバタしてるよ。

でも、いつかは離れるよ。離れたいよ。
自分がホントに求めているのは、そういうモノじゃないとわかっているから。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。