自分の居場所を与えられて、やっと得られた安心感

長いあいだ「居場所」が欲しかった。「ソコ」にいても、迷惑がられない場所が欲しかった。

うん、まあ教会はそういう場所でもあったね。40代後半のとき通ってた。でも、引っ越ししてからつながりがなくなった。

その後しばらくは両親の介護でバタバタ。父ちゃんが亡くなり、母ちゃんとも会わないようになり、ふたたびなんにもなくなる。

すると、寂しい。
でも、ワシはわがままだから「ふつうのハナシ」をするヒトたちとはうまくいかない。ふつうのハナシに合わせていくのはしんどい。だいたい「テレビを見ることができない」時点であかんねん。いや、テレビって小さいころから見慣れていないから、うまく見られない、しんどい。もう去年の夏からアンテナ線ないから見てない。



でも、寂しい。
ピアノのレッスンで先生にお会いできるのは楽しいけど、一極集中もなあ。気をつけないと余分なコト、しゃべりそう。まあ、しゃべりたいことはブログに書いてるから、脳ミソからいきなり決壊氾濫ってのは回避できている。ブログの読者さんに感謝。

けど、寂しい。
カウンセラーN先生んとこのセミナーによく通ったが、すんません、あそこは恋愛、結婚のハナシが多くてねえ。三十代のおなごが多かったかね。そないなトコに下流老人が混じってもねえ。「そのおトシでよく参加しましたね、すごいですね」ってホメてくれたヒトもおったのう。

さて、今月からはじまったカウンセラー養成講座は、ようやく「居場所」と思えそうで心から安堵している。



講座の主催者は「大塚あやこ」さん。どなたとも対等にというご意向で、みんな「あやさん」とお呼びしている。
あやさんは、ふたつのブログを運営されている。

●「自分にOKを出して前に進む!
●「Rのこころ

ワシが受講している講座の名称は「ビリーフリセット・リーダーズ講座(通称・BRC)5期」。
「ビリーフリセット心理学」とは、あやさんが提唱された心理学の技法。このBRCを受講すれば、ビリーフリセットに基づいたカウンセリングメソッドを学ぶことができる。「自己探求」と「他者貢献」が目的だ。

「自己探求」だけならば、4月から開講予定の「ビリーフリセット・ブルーミングスクール」でも学べるのだが、いやー、ワシはもう去年からカウンセラーになりたかったから「ビリーフリセット・リーダーズ講座(BRC)」をぜんぶ申し込んだ。

いやでも、そのBRCでもアウェー感すごいんだけど、かまへんねん、居座ったるねん。
自己紹介のとき、ワシ「えーっと、職業は、う~ん、『下流老人』っス!」って叫んだら、「下流老人」知らないヒトが大半だった。そっかー、ふつうのヒトは知らない職業なんだなあ。そないに特殊なカテゴリーだと思わへんかったけど、そうなんや、知名度低いんや。

ま、ええんちゃう? いろんなヒトと出会えたほうが、みなさんも経験値上がるやろ?
ホントだったら生涯出会うことないほどの貧乏人といっしょに勉強してみるのも、カウンセラーとしての器が広がると思うわ。

なので、これはもう思ったモン勝ちだから、ワシはBRCを「居場所」にすることにした。ああ、うれしい!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。