昨日とはちがう子を連れてパートへ行く|二人暮らし 3日目

今日のチャイルドちゃんは3才ぐらいだった。そのぐらいの子だからか、あんまり女の子らしさがない。

インナーチャイルド(自分の心のなかにいる、傷ついた子ども)って日替わりなんだな。昨日の子とは顔も雰囲気もちがう。

よくわからないから、その子をベッドに座らせておいて「3才児」とか「4才児」を検索するが、個人差もあるという。てか、差もヘチマもあったもんじゃなく、そこに見えているチャイルドちゃんを「私がどう感じるのか?」が大事なんだろう。

チャイルドちゃんに「いまからお仕事に行くけど、どうする? いっしょに行く?」と訊いたら、こくんとうなづいた。じゃあ早めにウチを出ないとね。ちっちゃい子を連れてだとゆっくりしか歩けないからね。


手早く用意して、チャイルドちゃんといっしょにドアの外に出る。三つぐらいの子だと階段の段差もすごくたいへん。ああそうか、抱っこという手段もあるけど、なんかねえ、まだ抱っこするのに抵抗がある。

手をつないでえっちらおっちら下まで降りて、マンションの外に出てから、田んぼと畑のあいだを縫ってうねうね曲がりくねっているあぜ道をゆっくり歩く。

チャイルドちゃんはそばを流れている細い用水路が気になるらしい。あんまりそっちばかり見ているから、ちょっと立ち止まって見せてあげた。

ほうら、きれいな水だね。透き通ってキラキラしてるね。夏はね、ザリガニがいるんだって。もうおととしだなあ、調律師さんが「ザリガニがいましたよ」って言ってたよ。いまはね、まだ冬だからなんにもいないの。

すると、チャイルドちゃんは用水路をのぞき込むのをやめて、すっくと立つと田んぼの向こうを指差した。ちっちゃい人差し指だなあ。


なぁに? あっち? あっちが気になるの? あっちはねえ、もっとずっと行ったらすっごく大きな川があるんだよ。こんなんじゃなくてもっともっと大きい川があるの。こんど連れてってあげるよ。

またチャイルドちゃんの手を引いて、あぜ道をたどる。私はどうして毎日、この田んぼ道を行ったり来たりしているのかなあと思いつつ。大きな川にも遊びに行きたかったのに忘れていた。あそこの河川敷まで出ると、ずらーっと山が見渡せてとてもいい景色なのに。

職場に着いたら、チャイルドちゃんはロッカーにしまっておいた。きちんとロッカーに収めると、チャイルドちゃんは目をつぶってじっとしていた。

パートはいつもどおり忙しかった。やっぱりまちがうし忘れるし注意されるし、しんどい一日だった。


でも、今日のシフトは夜6時には上がれた。こそっとロッカーからチャイルドちゃんを出してきて、先輩パートさんに見えないように気をつけて、お店をあとにした。チャイルドちゃんは私の右手にぶら下がるようにして、くねくねかくかく歩いている。

もっとしゃんと歩きなよーって思ったけど、なんにも言わずに好きなようにさせておいた。

スーパーに入ってふたりでぶらぶらする。チャイルドちゃんはソーセージを欲しがった。はああ、魚肉ソーセージかっ!

そんなん食べたのって、たしか20年ぐらい前かねえ。当時は山登りをやってたから、山中での行動食としてたまに魚肉ソーセージを持って行った。日持ちするしね。


でも、自分が子どものころ食べたっけ? ぜんぜん記憶にないけど、チャイルドちゃんが「あー、あー」って言うからカゴのなかに入れた。意外なモノばかり欲しがるな。けど、この子もプリンを食べそうだったので、売り場に連れて行ったら、こんどはふつうの安いプリンをぺちんと叩いてくれた。

帰り道は、ちょっと遠回りだけど大きな道路の歩道で帰る。おとなの私がひとりのときでも、まっくらなあぜ道は落ちそうで怖い。大きな道のほうにしても灯りなんてほとんどないから、チャイルドちゃんの手をしっかり握ってそろそろ歩く。

ずーっと手をつなぎっぱなしだ。手をつないでいると、安心する。チャイルドちゃんがよろこんでいるのがわかる。だから、私がほっとする。

そのとき、急にヤバいぞと気がついた。


そうか! 「手をつなぎたい」という気もちは親子でいたいんだねえ!

んで、なにがヤバいのかというと、いま現在こんがらがっちまってパートナー探しが頓挫しているけど、少しまえまで私は「もしパートナーができたら、手をつなぎたいなあ」と切実に願っていたからだ。

なんかねえ、すごく手をつなぎたかったんよね。手をつないで歩きたいなあと思ってたわけ。

でも、そうかあ、それはまたやっぱり「親」が欲しかったんだなあってわかった。

また、そこかよ……
未来永劫「母ちゃんがー、父ちゃんがー」って言って一生終わるのかよ。ふう。


そうすると、アレだね、「手をつなぎたい」と思っているかぎり、私はまだオトナじゃないんだなあ。もしパートナーになって欲しいひとがあらわれたとしても、そのひとには「親代わり」を要求してしまうんだなあ。

だって、ほら、こいつが現にいるでしょ? いまこうやって手にしがみついてぶらんぶらんしてるガキがおるやん? こいつがこないしてる限り、私はオトナとしてだれかと対等に関われないよなあ。

う~ん、どないしよ?

チャイルドちゃんも何人おるかわからんし。
こいつらがぜんぶ育つまでパートナーうんぬんは保留かねえ?

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。