「ちくわ」もたまには考える

そんなに精を出して働いていないからだと思うが、長いあいだ風邪を引くこともなかった。デジタル日記を検索したら、最後の風邪が2013年2月だった。ということは、もう8年間も引いていない。

その間、親の介護だの引っ越しだの荷物の整理だので相当ムリしているのに、とうとう風邪すら引かず熱を出すこともなく来てしまった。

なんだけど、半年に一度ぐらいは下痢をする。今日はめずらしく「昼に胃が痛い→夜に下痢」でさっきまでトイレで30分ほど身をよじっていた。あいたた。お腹をこわすと、人間って要するに「管」なんだよな、「ちくわ」みてえな構造なんだなと思い出す。

ねえ、むかしはたった一個の受精卵だったのにね。何十兆個も増えてさあ。あ、なんかこのごろ60兆個じゃなくて37兆個らしい。

なにも知らない私の疑問なんだが、どうして「生命」って存在しているんだろう?とむかしからふしぎなのだ。だって「物質」って動かないでしょ、ふつう。モノって勝手になんか「生物」になってそれを維持しようとかせえへんでしょ?


だって、死んだら即腐るじゃん? 腐るのがふつうじゃん? なのにどうしてわざわざ代謝とかがんばって「生命」でいてるんだろうね? 「生命」で安定していたい理由がわからへんねん。そいで「自己複製したい」っちゅー、なにそれ? なんでおまいは自分と似たヤツ増やしたいの? なんで? なにたくらんでんの?!ってナゾなんすよ。

まあ、ちゃんとなんかの本読んだらわかるんだろうけど、もう探す気も読む気もないんで放ったらかし。今生はそっち方面までぜんぜん手が回らない。

たぶんピアノだけでおしまいで、えーっ、たったの10年やっただけでもう67才とかになっちまって、いや人生みじかいのう。やるべきことを真剣に選んでいかないと、あっという間に介護が必要な身になってしまう。

一個の細胞からはじまってわざわざたぶん80年間も「人間」をやるのはどうしてだろう?

その答えがピアノ?


う~ん、だったらこないだの発表会みたいに軽々しくミスだらけで平気とかはありえないわけだな。
そう。先生にお叱りを受けた理由はそこらへんにあると思う。

どうして生まれてきたか?

音楽を奏でるために?
その音楽を、聞く前と聞いた後とで、なにかが変わったとだれかに感じてもらうために?

もしそうであるならば、いやいや、私なんてそんな資格ねえっすとか言い訳できないわけで。
ねえ、そこをあえて、はい、そのために生まれましたと言えるようにならないと。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。