「時間とお金」、どっちが自分をしあわせにしてくれるのか?

このところしばらく「ああ、なんかいいことばかり起こるなあ、楽しいなあ、しあわせだなあ」と思っており、それはきっとツェルニーさんのおかげだと信じていたのだが、ちがった。

2ヵ月前にパートを辞めたからしあわせなんだと気がついた。

「ゆとり」がもたらすしあわせなんだよね。

たっぷりと有り余る時間が、私をしあわせにしてくれる。

ということは、パートでもらっていたゼニって、私を不幸にしていたわけだ。びっくり仰天。


なんかさあ、とりあえず収入があると気安く買い物しちゃってたんだよね。ネット見るとついポチポチ。アマゾンでも本をポチ。キンドルなんて場所もいらないし。図書館にある本でも、借りて返すのがメンドーでポチ。だのに買っても読まない。

今日、クレジットカードの明細を過去にさかのぼって見てみたけど、いやあ、本当に必要なモノってほとんどなくてガックリした。ムダなものは衣料品が多いな。靴下や下着が安いものだからつい。

これ、やっぱりストレス解消のつもりなんだよね。パート行っているとずっとしんどくて、なにか気晴らしが欲しくなって、つい買ってしまう。

しかし、その買い物でじっさいにしんどさはちっともなくならない。「欲しいな→ポチ」の一瞬に、いったいなにを期待していたんだろう? 痛み止めの注射のほうがまだ効き目が持続するよ。


でも、パートで絶望するほどしんどかったとき、それをやわらげてくれたのはピアノだと思ってたんよ。ピアノがストレス解消になっているはずと思っていた。

なので、妹にも話したことがあるんだけど、「イヤな仕事があるからピアノやってるのかな? じゃあ、働かなかったらピアノのやる気失せるかも。私にとってピアノはその程度だったらどうしよう?」などとウダウダこぼしたりしていた。

けれども、じっさいにパートを4月上旬に辞めてみたら、ちょうどその4月下旬にツェルニーの炎が点いて、あっという間に燃えさかってしまった。

これってもしかして、パート辞めたおかげですごくゆとりができて、そのゆったりした気分のなかから、「うん、そうだ、これまでの考えかたをあらためて、今後はしっかり練習曲をやろうじゃないか!」という発想が湧いてきたのかもしれない。


もちろん、ほんとに時間があるので好きなだけたっぷり練習もできる。日中にグランドピアノをちんたら弾いていられる。

そして、ごくわずかながら上達していっている。

「上達」だなんてねえ、こんなの、いまかろうじて59才だからそんなタワゴトほざいてられるんだよね。

一年後も変わらず心身ともにまともかどうか? ほんまわからんよね。


だからこそ、もうパートを辞めて正解だったんだな。

これをついうっかり「来春の年金繰上げ受給まではパートつづけよう」なんてカン違いしていたら、あとでエラく後悔したかもしれない。

もしかしたら、ツェルニーの重要性も気づかなかったかもね。そいで、これまでの自己流判断で「おかしいな、練習してもウマくならない、指が動かない、トシのせいだ」とブツブツ文句垂れながら一生終わっていたかもしれない。

あらかた散財してしまうゼニよりも、ピアノがマシになるほうがずっと大切だった。


「老後」ってちっとも考えられない。それ、なんだろう?

私のドタマにあるのは、来年のピアノの発表会だけだ。

それまでのあいだ、毎週レッスンで「授かって」くる。それを持って帰って、毎日ていねいにせっせと磨く。

いまはツェルニーとの出会いに夢中だけど、きっとたぶんこれからも「お宝」にめぐりあえるだろうから、そのときに備えて日々磨くだけである。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。