「死後の段取りはバッチリ決定」しているのに、それまでのあいだが未定すぎる

それでね、私は「お金」よりも「時間」でしあわせになれるとわかった。

そう、それは前々からそうだとわかっていたことだった。

自分はどうも、「お金で買えないモンを欲しがる傾向があるな」とは気づいていた。

山登りがそうだからね。そりゃま、最低限の交通費はかかるけど、工夫をすると交通費ゼロで行ける山もけっこうある。べつになにがなんでも日本三百名山でなくてもOKだ。

かなり以前に住んでいたある地では、自転車でホイホイ登山口まで行ける低山もあった。ほんまにタダで毎日登れる。じゅうぶん楽しい。


でも、いちおう頂上までは片道1時間ほどかかる。まあ、ある程度しっかりした足腰のほうが望ましい。

だがいまの私には、その低山もまったくムリ。だって、運動不足ですっかりおとろえて、平地をよたよた20分歩くのがマックスだもんね。ヒザが痛いから電動アシスト自転車すら乗れないね。

それをいまからウォーキングでちみちみリハビリして、さぁてどこまで回復するやら。

対して、2年ちょっと前からほぼ毎日弾いているピアノのほうが「練習時間だけ」は伸びていて、このところ計4時間はだいじょうぶになってきた。こっちも痛いんだけどね。痛いというよりシビレのほうか。なんでもいいけど、べつに弾けている。


ほらぁ、毎日やってたら、ウマくなるかは置いといて、とりあえず弾けるようになっとるやん?

まあでも、山にせよピアノにせよ、自分が「時間をかけて運動しないとしあわせになれない営み」なんだわさ。

時間をかけて、筋肉だの神経だのこしらえていく。これって、お金で買えないからね。本人がせっせと動くしかしゃーない。筋肉なんてさすがにアマゾンでも売ってない。

あ、棺桶は売ってるのよ、アマゾン。直葬したい場合はとてもよさそう。みんな親切なレビュー書いているなあ。

数年前、父ちゃんが脳梗塞で寝たきりになってたとき、母ちゃんが「あんなクソジジイの葬式代なんてビタ一文出さん!」と、まだ生きているうちからいきり立っていたから、そのときもアマゾンを調べたんだよね。

じゃあ、安くあげるには、アマゾンで棺桶買って、レンタカーで病院→焼き場へ持込みかねえ、私ひとりでやるのはタイヘンじゃのうと悩んでいた。

しかし、寝たきり老人になっても父ちゃんの意志は明確で、妹に「ワシは献体する」と頼み、まあ献体先を探したり手配したり、妹はすごく苦労したのだが、結果的に献体は、死亡後病院にすぐ引取りに来て→お骨になるまでまったく費用がかからず非常に助かった。「父の献体後火葬 その1」

なので、私も将来献体するつもりである。


妹よ、いまはまだ母ちゃんが存命で同意を取るのがメンドーだから申し込まないけど、母ちゃんがくたばったあと、私は献体申し込むからなっ! あそこの大学だよっ! 近いから!w 火葬はもう来なくていいよ。着信拒否しとけ。大学が勝手に焼いてくれるさ。

で、献体の予定はきちんと立ててあるものの、問題は、それまでのあいだの「時間配分」である。

どのぐらいの配分で、どの筋肉をきたえるのか?

いくら筋肉をきたえたくても、老化が襲ってくる。ちょうど下りエスカレーターをえっちらおっちら這い上がっていくような按配で、その「下るスピード」がどんどん速まるだろうし。いわゆる「健康寿命」から逆算して、ええと……。


ここらへんもお金で解決できないもので、ああ、やっぱり自分のアタマで考えないとしゃーないな。

なんだっけ? ファイナンシャルプランナーのひとって、お金の計画は立ててくれるんだよな。

でも「ピアノと山の計画」なんて、オノレでやらないとだれもやってくれない。

しかも、残り時間は意外と短いのだ。

59才からのんびり悠長にやってたら、あっという間にお迎えが、献体のクルマがほんまに迎えに来るやんけ!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。