ピアノレッスン第97回 記録 その2|「それっぽく」弾けるとうれしいじゃん?

ピアノレッスン記録

※「ピアノレッスン第97回 その1|「お宝」をもらえる回数って、じつはあと〇回と決まっている」はこちら。

▼バッハ:フランス組曲第6番ジーグ → またまた不合格。
うっかり速めのテンポで弾いちゃった。

安全に弾けるヤツより2割増しぐらいミエ張っちゃった。

そしたら、やっぱりおもくそまちがうし音抜けるし傷だらけになったのだが、先生「音はだいぶ抜けましたが、とても楽しい演奏でしたね」とのこと。

わあ、うれしいなあ。


というのも、長いあいだずっと、どの曲を弾いても、先生からしょっちゅう「もっと楽しく」と言われつづけてきたのよね。

あれはいったいなんだったんだろ?

自分ではじゅうぶん楽しく感じているつもりだったから、う~ん、どうしよう?と、いつもとまどった。

けれども、2ヵ月ほど前ぐらいからかね、ツェルニーをたっぷり練習するようにして、少しずつ速く弾けるようになってきて……


ああ、そうだ!

それまでは、思うように指が動かないもどかしさにウンザリしていたな。ゲンナリしてた。

「ウンザリだのゲンナリだの」が「楽しさ」を上回っていたかもね。

だから、もっさりモタモタ停滞した演奏しかできなかったのか。

しかし、ちょっとずつ速く弾く「弾きかた」を身体が学習しはじめた。

すると、たまに「らしく」弾けたりする。


そう、この「それっぽく弾ける」って、ものすごく楽しくてうれしいんだよね!

あ、それでかー。聴いているひとにも「楽しさ」がちゃんと伝わるようになるのか。

けれども、合格にはならなかったよ。

先生「もう少し安心して楽しく弾けるように仕上げましょう」

た、たしかに。いま、ギリギリ崖っぷち、ハラハラしっぱなしなので、「安心」はまことにその通りでございます。


でも、このジーグは、フランス組曲のほんとに最後の最後の踊りだもんね。

とっても堂々とタンタンタン|タンタンタン!と刻んだり、かと思ったら、ぐい~んぐい~んとまるでジェットコースターみたいに上がったり下がったり、じつにダイナミックで豪快な踊りなんだよね。

もう一週間練習できるのは、ふふ、うれしいっす。ウチで練習するときは、ケツで拍子取るんだべ。暗譜もしようっと!

〔臨時のお知らせ〕
すみません。
めまいがヒドくて、これ以上書けないので、いったんココで中断します~
明日、つづきを書きますね~
寝たら治ると思う。
早くよくして、ケツ振ってバッハ弾きたい。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。